WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年10月21日のニュース

捨てられた動物たちに触れて命の尊さ知る さつき保育園に110番動物園来る

1021doubutu.jpg
 福知山市正明寺のさつき保育園に19日、ウサギやカモ、カメなどの動物たちが訪れ、園児約100人が交流した。すべて飼い主に捨てられた経験のある動物ばかり。保護活動に取り組んでいる滋賀県八幡市のボランティア110番動物園長の有城覚さん(61)から、目の前にいる動物たちは捨てられた経験があることを聴き、ふれあい、親子で命の大切さを学んだ。

 命の尊さを知ってもらう機会にしようと、福知山署が主催した。有城さんは府警勤務時代の20年ほど前から110番動物園を開設し、休日を利用して動物たちを連れて学校などを回っていた。定年後も力を入れて近畿一円など各地へ出向いている。同日はウサギ、カモ、カメ、オウムなど30種100匹以上が来園した。

 傷つけられて捨てられたことなど、なぜ動物たちが有城さんの元にやってきたのかの話を聴くと、園児たちは「かわいそう」と悲しみ、ふれあいの時間になると友だちのように接した。人に警戒心を持つウサギを心配そうにのぞき込んで、餌をやろうとする子もいた。

 有城さんは「動物たちと接することで、動物も人間も大切な命があるのだということを知ってもらえたらうれしい」と話していた。


写真:園児たちは動物たちと友だちのように接した

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ