WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年10月17日のニュース

福知山音頭の3町にちなむ歌詞決まる 合併を機に募集

1017odori.jpg
 福知山踊振興会(田村卓巳会長)は、15日に福知山市篠尾新町のサンプラザ万助で開いた創立25周年記念式典で、一般から募集した福知山音頭の3町にちなんだ歌詞の入選作7首を発表した。来年1月の福天1市3町の合併を機に、3町の人たちにも親しまれる盆踊りに育てるためにと募ったもので、こんご11月下旬の福知山駅高架開業イベントなど同振興会が出演する催しで徐々に浸透させる。

 約400年の歴史がある福知山音頭と踊りは市指定の無形文化財。歌詞は、光秀の善政や朽木藩政の事績などを伝える80詞以上があると言われる。

 旧城下町の盆踊りという性格から、3町にちなんだ歌詞は昭和初期に作詞された大江山をテーマにした1首があるだけで、新市誕生を祝って創立25周年記念事業として募集した。

 3町の歴史、文化、名所などを織り込むことを条件に8月から9月上旬まで募集したところ、67人から106首が寄せられた。

 同振興会と3町の有識者で審査し、それぞれの町にちなんだ2首ずつを選び、さらに3町すべてに触れた1首を特別賞にした。入選作は次の通り。

 【大江町】
 霧の晴れたる大江の山に 春はこぶしの花ざかり(大江町河守、中川實美)
 大江元伊勢内宮の神社 五穀豊穣な神の里(同二箇、杉之下典子)
 【夜久野町】
 しだれ桜の夜久野ケ原に 今宵銀河の星が降る(福知山市行積、岸上すみ枝)
 夜久野大地に稲穂がゆれて 揺れて宝の山となる(夜久野町板生、藤本重信)
 【三和町】
 今に伝える大原産屋 いのち見つめて萩の花(福知山市戸田、田中法男)
 可愛い嫁女がお目出度様よ 先ずは何より大原志(三和町大原、山内利男)
 【特別賞】
 鬼の大江に桜の夜久野 三和も寄り添うふくちやま(福知山市中、塩見庄一)


写真:
新歌詞に合わせて踊る振興会員

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ