WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年10月17日のニュース

「大丈夫」の油断は禁物 平野町で防犯教室

1017bouhan.jpg
 福知山市の平野町集会所で16日、福知山署の防犯教室が開かれ、講師の防犯設備士から侵入犯罪に遭わないための防犯設備の重要性と日常の心がけを聞いた。

 11日から20日まで全国で展開されている地域安全運動の一環。地元自治会役員や会員、防犯推進委員ら約20人が参加し、NPO法人・京都府防犯設備士協会理事の澤田尚史さんを講師に迎えた。

 澤田さんは、最近の侵入犯罪の手口や傾向を説明。「泥棒はどの家にお金があるかは分からない。わたしの家は大丈夫と思うことは禁物で、実際に被害額10万円以下が65%を占めている。捕まることを一番恐れており、人の目、センサーなどの光や音を嫌がる」と話した。

 このあと、実際に地域の家並みを見て回り、どういった家が狙われやすいか、被害に遭わないための必要な防犯設備を具体的に紹介した。また高い垣根や植栽がある家は狙われやすい。外からも家が見えやすいよう低くして、家の周りに脚立などを絶対に置かないよう呼びかけた。


写真:防犯教室で地元の家々を見て回る参加者たち

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ