WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年10月 7日のニュース

自分の可能性見いだして シンクロの武田美保さんが中六小で講演

1007takeda.jpg
 昨年のアテネ五輪・シンクロナイズドスイミングで2個の銀メダルを獲得した武田美保さん(29)が6日、福知山市下地、中六人部小学校(岡本直美校長、42人)で講演し、児童たちに「自分の可能性を見いだし、夢の実現につなげて」と呼びかけた。

 スポーツや文化など様々な分野で活躍する人から話を聞く、府の「京の子どもへ夢大使(大志)派遣事業」の一つ。今年度中丹管内では5小学校に4人を派遣する。

 7歳からシンクロを始め、五輪3大会で5つのメダルを獲得した武田さんは、1日10時間の練習を続けてきたこと、シンクロを好きになった理由などを話し、「毎日心を開き、何かを発見しその達成感を味わったあと、1日の反省をすることが大切」と強調。その上で「今を考え夢のイメージを明確にしてほしい」と話した。

 講演中、児童たちの夢を聞く場面もあり、悩みを話す子には的確なアドバイスをした。野球に打ち込む6年生の堀寿弘君(11)は「武田さんが一生懸命練習に取り組んでおられたことがわかった。ぼくも夢を持ち続け頑張りたい」と話していた。


写真:児童たちに夢を聞く武田さん

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ