WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年9月27日のニュース

見て、作って楽しい「つくりもん」 夜久野町の農匠の郷豊饒祭でコンテスト

0927tukurimon.jpg
 よく肥えた土地と作物の恵みに感謝する豊饒祭(農匠の郷やくの連絡協議会主催)が24、25両日、夜久野町の夜久野高原農匠の郷で開かれた。会場には町民や来場者が野菜などで作った「つくりもん」が並び、目を引いていた。

 呼び物の一つ、ミニつくりもんコンテストでは、町内外から持ち込まれた37点が登場。手のひらサイズから人間の子どもほどの大きさのものまであり、趣向を凝らした作品に来場者が見入っていた。

 巨大カボチャで作った大黒天、米やもみ殻などを1粒ずつ置いて仕上げた張り絵調のミッキーマウスなどの力作に驚きの声が上がっていた。人気の中で閉幕した愛・地球博のイメージキャラクター「モリゾー」を題材にしたほのぼのとした作品もあった。

 初日の24日には、つくりもん講習会を初めて企画し、来場者たちに即興でつくりもん作りを楽しんでもらった。出来上がった10点はそのままコンテストにエントリーして花を添えた。

 大阪市旭区の衣川真さん(69)は「都会ではできない体験なので」と、妻と孫2人を連れてつくりもん講習会に参加した。坊ちゃんカボチャなどの野菜を手に取り4人で相談しながら作品を仕上げていった。孫の藍さん(11)と優君(9)は「これまでやったことがなかったから、すごく楽しい」と喜んでいた。


写真:来場者が、つくりもんの製作にチャレンジした

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ