WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年9月14日のニュース

学校給食に地元産野菜の日 2学期から第3火曜日を指定

0914kyuusyoku.jpg
 学校給食に地場産野菜を積極的に使っている福知山市は、2学期から毎月第3火曜日を「ふくちやま産野菜の日」に指定した。13日は児童たちが福知山で取れたナスを具にしたみそ汁をすすった。

 地産地消の推進を図るため、市は、ダイコン、ハクサイ、キャベツ、ジャガイモ、キュウリ、ナスの6種類を指定し、6月から旬の野菜を学校給食に使用している。6、7月には給食があった33日のうち16日は、スパゲティや肉じゃがなどの材料に地場産野菜を取り入れた。

 今回の取り組みは、毎月第3火曜に1品目以上の地場産野菜を使った料理を提供し、児童たちにはっきりと意識付けさせるもの。

 この日の給食には市内の3小学校区で栽培されたナスを使用。スライスしたものをニンジン、タマネギなどと一緒にみそ汁に入れた。上松の下六人部小5年1組では「大好きだからおいしい」などと話し、最後まで飲み干した。給食中の校内放送ではナスを栽培している人の名前や、「ナスは体の調子をよくする働きがあります」と紹介し、子どもたちはより身近な食べ物に感じていた。


写真:ナスのみそ汁をすする児童たち(下六人部小5年1組で)

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ