WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年9月10日のニュース

夜久野ぶどう良質の高原ワインに 醸造所へ2トン出荷

0910budou.jpg
 高原の香りをたっぷりと詰め込んだ夜久野高原ワインをつくる同ワイン開発実行委員会(大槻昭久委員長)は9日、夜久野町小倉のやくの農業振興団事務所隣の広場で、原料となる夜久野ぶどう(マスカットベリーA)の出荷作業をした。生産農家から次々に届くブドウを大型トラックに積み込み、醸造を委託している宮津市の天橋立ワインに送った。

 夜久野高原ワインは町の古里産品として、町商工会と生産農家が手を組んで1992年に開発した。香り高いフルーティーな味わいとまろやかな口当たりが好評で、自家用だけでなく、贈答品にも利用されている。

 同日は大槻委員長や同町商工会事務局職員らが出て、汗だくになって出荷作業。収穫したばかりのみずみずしいブドウを積んだ軽トラックが次々に着き、約20kgずつに分けたケースを計量後、4トントラックの荷台に移した。

 出荷したブドウは2トン余。醸造所でしぼられたあと、熟成され、12月にロゼワイン、来年4月に赤ワインとなって同町に届く。720ミリリットルとハーフボトル合わせて約3000本が夜久野マルシェや町内の酒販店に並ぶ。

 同町商工会では「今年は春先の霜の影響を受けず、適度な雨が降り、糖度が高く良いブドウが集まりました。深みのある上品な味に仕上がると思います」と話していた。


写真:生産農家から持ち込まれるブドウを、大型トラックに積み込む商工会職員ら

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ