WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年8月31日のニュース

避難、救出、情報収集−大がかりな府防災訓練 倒壊家屋などの絵を中学生が担当

0831toukai.jpg
 防災週間(30日−9月5日)中の9月4日、福知山市猪崎、音無瀬橋下流の由良川河川敷を主会場に「府防災訓練」が実施される。府、福知山市、三和町、夜久野町、大江町の共催で、自衛隊、警察、消防などの関係機関70団体が参加。市内の130自治会も各地域で訓練をする。消防車など車両約200台、航空機6機が出動、参加人数は約8000人。

 訓練をする河川敷会場では、倒壊した家屋や高層ビルの模擬建造物を使用するが、それらの絵を市立桃映中学校の美術部員が担当している。23日から取り掛かり、31日も午前中から校舎内で作業をした。

 防災訓練に間接的にかかわり、子どもたちの防災意識を高めることができればと、河川敷の校区内にあたる同校に作成を依頼した。

 使用した合板は畳1枚分サイズを100枚余り。1、2年生約10人で、倒壊した家、壁にひびが入った高層ビルを手分けして描いた。同日は塗料で手を汚しながらも熱心に作業し、完成をめざした。

 2年生の足立聖佳部長は「女性部員ばかりなので合板の運搬がたいへん。全体像が大きかったのでバランスがつかみにくかった」と不安げだったが、絵を見た市の担当者は「とてもうまく描けている」と満足していた。


写真:合板に色を塗る部員たち

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ