WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年8月29日のニュース

衆院選30日公示 京都5区は3人立候補予定

0829senkyo.jpg
 第44回衆院選は30日に公示され、9月11日の投票日に向け、12日間の選挙戦が始まる。福知山市など府北部5市7町をエリアとする京都5区では、自民前職の谷垣禎一氏(60)、民主新顔の小林哲也氏(34)、共産新顔の吉田早由美氏(54)の3人が立候補を表明しており、前回選挙と同じ顔ぶれの3極選挙になりそう。

 谷垣氏は前回10万3000票を獲得し圧勝した。今回も現職閣僚として選挙を迎える。期間中は全国からの応援要請が相次ぎ、地元での戦いは限られてくるが、各市町単位の支部組織や自民党地方議員の支援を受け、前回に劣らない票の獲得を目標にする。

 小林氏は前回選挙後、有権者の多い舞鶴市に住み、北部各地で街頭演説、集会などを続け、知名度を上げてきた。今回比例代表の重複立候補の予定もあり、民主系地方議員や労組員らで組む選対では2年間の活動実績、若さをアピールし、前回以上の得票を目指す。

 吉田氏は前回選挙以後も北部の各地で街頭演説を展開。党支持者のほか、保守層の有権者とも対話を重ねてきた。選対では5市の党市議団長全員が事務長となり、新たな支持獲得を狙う。今回は小選挙区だけの出馬予定で、くまなく区内を回り、訴えの浸透を図る。


写真:事務所開きで気勢を上げる陣営

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ