WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年8月18日のニュース

雨を願って「笹ばやし」 下六人部でにぎやかに

0818sasa.jpg
 福知山市下六人部地区に江戸時代から伝わる雨ごい祭り「笹(ささ)ばやし」が16日夜に行われた。多保市集落の中ほどから天神社へ向け行列が練り、子どもたちがササを振って走る笹ぶりが行われ、豊作をもたらす雨降りを願った。

 「100日間雨が降らず干ばつに見舞われた」という寛文9年(1669)、福知山藩主朽木稙昌が命じて始まったとされている。

 笹ぶりは、大人たちがカシの棒を縦、横に組み、井せきに見立てた柵(さく)を作って待ちかまえるところへ、子どもたちがササを水に浸してぬらしてから打ち振り、「ワアワア」と声をあげて駆け寄り、柵をたたく。何度か繰り返し、最後には柵を崩して駆け抜けることで、「井せきを切るほどの雨が降る」ことを表す。

 今年も子どもたちはワクワクしながら出番を待ち、合図と同時に勢いよく駆け寄り、力いっぱいにササを振って柵をたたいていた。


写真:大人たちが棒を組んで作った柵を、子どもたちがササで力いっぱいたたく

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ