WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2005年8月12日のニュース

古里のお盆は熱くにぎやか 福知山花火大会 15日に6000発が夜空彩る

0817hanabi.jpg
 ふるさと福知山の夏を華やかに彩る伝統の第64回ドッコイセ福知山花火大会が15日夜、福知山市音無瀬橋下流の由良川河川敷一帯で開かれる。14日からは福知山ドッコイセまつりが始まり、かつての城下町の旧市街地は、1年で最もにぎやかな“熱いお盆”を迎える。

 花火大会は、「北近畿の都 福知山」を広くPRし、商業や観光の振興と地域経済の活性化をめざしたイベント。福知山商工会議所が主管し、行政や各種団体でつくる実行委員会が主催する。北近畿随一の規模といわれ、毎年多くの見物客でにぎわう。

 プログラムは全16シリーズ。午後7時30分から開始し約6000発の花火が夜空に弾ける。府内で唯一の超特大の2尺玉をはじめ、仕掛け花火、スターマインなどが音と光で華やかにふるさとの夏を演出する。

 フィナーレは、市民から寄せられた募金で上げる、おなじみの超特大スターマイン「みんなの花火」。大輪の花が夜空を明るく彩り、川面を美しく照らし出す。

 実行委員会は、「ゴミもちカエル」クリーンキャンペーンを展開。来場者にごみの分別回収の推進と環境美化への理解を求め、持参した食べ物、飲料水の空き箱、空き缶などを持ち帰るよう協力を呼びかけている。

 また、花火の打ち上げを前にボーイスカウト福知山第1団育成会と灯ろう流し実行委員会が、音無瀬橋上流から約1500個の灯ろうを流す。この2年は増水で中止になっており3年ぶりの実施となる。


ドッコイセまつりは14日から広小路通りで

 一方、福知山ドッコイセまつりは、福知山ドッコイセまつり実行委員会が主催する。11日には会場の広小路通りに踊りの櫓(やぐら)3基を設置し準備を進めている。

 初日の14日は、午後7時からオープニングイベントとして「YOSAKOI(よさこい)ドッコイセ」の踊りと福知山踊りがある。15日は花火大会のあと踊り。16日は午後7時30分からドッコイセこども大会(福知山商工会議所青年部主催)を開く。

 後半の24日は、午後7時から学生大会があり、市内の高校生らがアオイ通り−新町−広小路通りを踊り流す。同8時からはプラカードコンテストを催す。最終日の25日は午後8時から市民総おどり大会で今年の最後を締めくくる。

 実行委員会は「期間中に様々な踊りイベントを開きますが、それらが終わったあとは、みなさんで踊りを楽しんでいただけます。ぜひとも来場下さい」と呼びかけている。


写真:今年も色とりどりの花火が夜空に打ち上げられる(昨年の花火大会)

    

[PR]

 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ