両丹日日新聞7月11日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

世界合唱の祭典に向け猛練習 福知山混声などで組織する北部合同団

 今夏、京都府を舞台にアジアで初めて開かれる世界合唱の祭典「第7回世界合唱シンポジウム」(全日本合唱連盟、府など主催)に、福天地方の合唱団3団体などで組織する府北部合同合唱団が出演する。27日から8月3日までの会期中、世界各地からトップレベルの合唱団34団体を迎えてのコミュニティーコンサートなどが計画されており、府北部合唱団は31日、綾部市里町の府中丹文化会館でステージに立つ。本番が近づき、団員たちは声の質がそろった美しいハーモニーを響かせるため、懸命の練習を続けている。同会場には中米のグアテマラ共和国の混声合唱団・ビクトリア合唱団などが招待される。

 同シンポジウムは、各国持ち回りで3年に1度開催される世界最大級の合唱の祭典。第1回はオーストリアの音楽の都・ウイーンで開かれ、その後、オーストラリア、オランダ、アメリカなどを巡った。会期中、京都市内を中心にコンサートや合唱音楽専門家のセミナー、ワークショップなど多彩な催しが計画され、世界60カ国・地域から合唱仲間を迎え、声を合わせる楽しさを分かち合う。

熱心に練習 コミュニティーコンサートは「人びとの歌 世界のうた 歌は人びとを結ぶ」をテーマに15回催す。それぞれ国際合唱連盟が選んだ各国の優れた合唱団と意欲的な国内の合唱団、地元のホスト合唱団が出演する。

 府北部会場でのホスト合唱団は福天地方の福知山混声合唱団、コーラス・プリムラ、セレーノ・ヴォーチェなど府合唱連盟に加盟する合唱団を中心に、亀岡以北の11団体で組織し、混声4部合唱「聞こえる」、女性3部合唱「海よ」の2曲を発表する。

 練習は4月下旬から始まり、福知山混声合唱団の山口亨さんが指揮する混声合唱と石川混声合唱団(野田川町)の成毛敦さんが指揮をとる女声合唱に分かれて集まっている。9日に同会館ホールで開いた混声合唱の練習では、山口さんの指導で声の質をそろえ、歌の表現をより豊かにするための発声練習を繰り返した。発表する「聞こえる」は、合唱界での活躍が目ざましい新実英徳さんが作曲した歌で、スケールが大きく、歌詞の内容が深い。山口さんは「この歌が何を訴えているかをまず理解して、思いを込めて歌ってほしい」と話していた。

 18日に総仕上げをする。24日には、同祭典の関連事業として京都コンサートホールで開かれる京都合唱祭に参加し、本番と同じ歌を発表する。

 31日のコミュニティーコンサートは午後1時30分開場、同2時開演。ビクトリア合唱団は、約20人が訪れて、グアテマラの第2の国歌と言われる「シェラフの月」など9曲をスペイン語で歌う。同合唱団は音楽学校や国立音楽院の学生で構成する。合唱を通じて子どもの教育をと「合唱でつなげ小学教育」という名のコンテスト運動を進めている。海外公演は今まで10回こなしている。

 このほか、関西合唱コンクールで金賞などを獲得している国内招待合唱団のカンティ・サクレとレガーテ(いずれも大阪府)が、それぞれ5曲前後を披露する。

 入場料は1000円(全席自由席)。各合唱団で扱うほか、同コンサート京都北部実行委事務局=電話(22)2508=にも置いている。問い合わせは同事務局へ。

 実行委員長の山口さんは「合唱が盛んな京都で世界的な合唱の祭典が開かれることになってうれしい。府北部に世界トップレベルの合唱団が来る機会は少なく、ぜひ演奏に耳を傾けてほしい。府北部合唱団は今までにも共に舞台に立ったことがある気心の知れたメンバーで組織し、チームワークが良く、精いっぱいの練習をして晴れの舞台に臨みたい」と話していた。


写真:府中丹文化会館ホールで熱心に練習をする府北部合同合唱団の混声合唱団


訓練成果をきびきび披露 府消防協会福天支部の消防大会

 府消防協会福天支部(支部長・岸田正一福知山市団長)の第12回消防大会が10日、大江町尾藤の町民グラウンドで開かれた。1市3町の団員が集い、日ごろの訓練で身につけた消防技術や規律訓練を披露した。

操法訓練 同支部は1983年4月、福知山支部と天田支部が合併して発足した。各消防団の連携を深め、団員の士気を高める狙いで、消防大会と操法大会を隔年で開いている。

 大会には団員約550人とポンプ車3台、小型動力ポンプ付積載車4台が集結。全員がグラウンドに整列したあと、開会式で岸田団長や来賓のあいさつがあり、このあと、小隊訓練、ポンプ車操法、小型ポンプ操法に臨んだ。

 朝から蒸し暑い梅雨特有の天気となったが、小隊訓練では団員たちが掛け声に合わせてグラウンドを行進し、方向転換や整列などの動作をきびきびと披露。操法訓練では団員たちが連携を取りながら消火作業に必要な一連の動作を安全、確実に進め、最後に出火場所を想定した的にめがけて放水した。

 ふくちやまファイヤーエンジェルスも旗を使った演技を規律正しく繰り広げ、大会を盛り上げた。


写真:操法訓練で安全、確実に動作を進める団員たち


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹