両丹日日新聞4月25日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

整備されたグラウンドで元気にサッカー 峰山が初参加しリーグ開幕

整備されたグラウンドでサッカー 第20回福知山少年サッカーリーグ(福知山サッカー協会主催)が24日、福知山市の猪崎河川敷運動広場で開幕し、台風23号の災害復旧で整備されたグラウンドをチビっ子イレブンが元気よく駆け回った。

 今期リーグは、地元福知山市のほか、綾部市と園部町、丹波町、それに初参加の京丹後市峰山町を加えた5市町から6年生の部に8チーム、5年生の部に7チーム、3・4年生の部に12チームが参加。11月27日の第8日最終戦までリーグ戦を繰り広げる。

 開幕日は、3コートに分かれて7〜8試合ずつを消化した。選手たちは、春の日差しが降り注ぐなかきれいに整備されたグラウンドを思う存分駆け回り、相手ゴールにシュートを決めていた。コートサイドでは保護者が我が子のチームを応援し、得点が入るたびに歓声を上げていた。

 同協会は「台風災害で長く使えなかったが、開幕に間に合い良かった。素晴らしいコートに整備してもらいうれしい。子どもたちも、きょうは最高のコンディションで戦えます」と喜んでいた。

写真:きれいに整備されたグラウンドを元気に駆けるイレブン(福知山−丹波戦)

 
遊んで、食べて…楽しんで 5月3日に三段池公園で市子ども大会

大会をPRする子どもたち 第40回福知山市子ども大会(市子ども会指導者連絡協議会など主催)が5月3日、同市猪崎の三段池公園総合体育館周辺で開かれる。子どもたちに遊び場を提供するもので、「遊ぶ、作る、食べる、見る」にちなんだ催しがそろっており、一日中楽しめる内容になっている。

 会場ではホバークラフト▽吹き矢▽ダーツなどで遊べるほか、竹細工▽折り紙教室▽厚紙クラフトなどの工作を楽しめる。また、コメディーパフォーマンスショー▽ピエロのアドバルーンショー▽大道芸ショーの舞台があり、おなかが空けばうどん▽かき氷▽たこ焼き▽水ギョーザなどの模擬店がある。このほか、射的、スーパーボールすくいなども用意している。

 時間は午前10時から午後4時まで。この時間中、中学生以下の子どもは三段池公園内の動物園、植物園、児童科学館の入館・入場が無料。

 問い合わせは電話(24)7065の市教委生涯学習課へ。

 同大会のテーマは「子どもの子どもによる子どものための子ども大会」とあって、24日には大会の協力者である子どもたちが自主的に市内で大会の案内チラシを配り、参加を呼びかけた。

 参加したのは13人で、街頭広報した場所はジャスコ福知山店とスーパーマーケット・ニシヤマ荒河店。初めのうちは恥ずかしがっていたが、次第に慣れて元気よく大会をPRしていた。


写真:店頭で大会をPRする子どもたち


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹