両丹日日新聞3月14日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

手作り製品の販売貴重な体験に 福知山学園第三翠光園

販売会で積極的に接客 福知山市長田の福知山学園第三翠光園は13日、近くの福知山温泉入り口前で施設利用者が手作りした陶芸などの工芸品の販売会を開いた。

 同園では8年前から施設利用者が工芸品作りをしている。知的障害者の施設内活動に対する理解を深めてもらうとともに、社会参加を目的に、昨年からは自ら店頭に立つ販売もするようになった。今は施設利用者24人と職員が製作にあたっている。

 並んだのは皿、瓶、わんなどの陶器と貝などをあしらった木製の壁掛け。製作活動の写真も展示して「いらっしゃいませ」と来訪者に呼びかけた。

 職員で販売責任者の小林学さんは「販売を通じて人と接することは、利用者にとっていい経験になると思います。これからも続けていきたい」と話していた。


写真:福知山温泉で開いた販売会で施設利用者らが積極的に接客した


思い込めて卒業ライブ ヤクノミュージックスクール

ライブ゙形式で行われた卒業式 ヤクノミュージックスクール(水谷博校長)の卒業式が13日、福知山市中ノ、市厚生会館大ホールで行われた。今年度高校を卒業した生徒たちを送るもので、送辞、祝辞、答辞すべてを演奏で行うライブ形式で行った。

 同スクールはギター、ドラムなどのコースがあり、夜久野町と近隣の中高生たちが通い音楽活動をしている。1999年の開講以来の1期生を含む22人が、今年度高校を卒業した。これからそれぞれが別々の進路へと向かうことを応援するために、ミュージックスクールならではの式を企画した。

 ステージ照明や演出は卒業生たちが手がけた。友人関係、恋愛など、その時その時に感じた思いを込めたオリジナル曲の披露もあり、力いっぱい演奏した。


写真:ライブ形式で行われたヤクノミュージックスクールの卒業式


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹