両丹日日新聞2月14日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

夜久野、大江も福天合併の住民説明会始まる

 合併協議が大詰めを迎える福天1市3町で、それぞれ新市建設計画案の概要版など統一資料に基づいた住民説明会が行われている。三和町、福知山市に続いて夜久野町は12日から、大江町も13日から始まった。

日常サービス受けられる支所に−夜久野

夜久野町の住民説明会 夜久野町では、大江輝久夫町長、瀬田眞澄収入役、担当職員らが1班だけの構成で、19日までに8会場を回る。

 13日は直見の多目的構造改善会館で開かれ、町民約30人が参加し、理事者側の話を聞いたあとで質問や意見を出した。

 新市建設計画案では、デジタルテレビ放送が始まると町内のほとんどの世帯で使われている共聴アンテナが使えなくなるが、新市全域に光ファイバーを基本とする高度情報化推進事業を進めることで解消できると説明。交付税や地方税、人件費削減、合併特例債の動きを盛り込んだ新市発足後10年間の財政シミュレーションも示した。

 住民からの発言は特に支所機能への関心が高く「支所はどの程度のものになるのか」「支所では話にならず市役所に行かねばならないようでは困る」との声が続き、大江町長は「イメージとして挙がっているものは、3支所を統括する部長級を市役所に置き、支所には次長級を置くというもの。少なくとも、日常的なサービスを受けるために住民がわざわざ市役所に行かなくても済むような機能保持は必要。更なる機能も求めて協議に臨んでいる」と返答した。

 「調印、議決の流れでいけば、今後住民の声を聴く方法はないのか」との問いについては、昨年12月に町単独で全有権者に配布した合併の是非も含めた住民アンケートの意見を集約しているとし、「もう一度アンケートをすることは考えていない。合併協議会のホームページや役場へ意見を寄せていただきたい」とした。

来年度後半の合併見通し語る−大江

大江町の住民説明会 大江町では、13日午後7時から金屋ふれあいセンターと尾藤奥公会堂の2会場で開かれ、理事者や幹部職員がこれまでの合意内容や今後の予定を説明し、質問に答えた。

 金屋ふれあいセンターには、伊藤堯夫町長ら7人が出向き、上野・波美・金屋地区の住民約50人が出席した。伊藤町長があいさつをし、台風災害で説明会の開催が遅れたことをわび「合併は05年度後半を考えている」との見通しを語った。

 続いて職員が新市建設計画案の概要版や共同資料、町独自の質問回答冊子、合併しない場合の財政シミュレーションなどに基づき、新市の将来像やまちづくりの基幹事業、合併後の公共料金、保育料などの改定額などを説明した。

 続く質疑応答では、参加者から「3月の調印・申請まで日がない。私たちの意見が今後の協議の中で取り上げられるのか」「新市建設計画では福知山市の中心地にばかりお金が入り、大江町など周辺はますます廃れるのでは」といった不安の声が相次いだ。これに対して町側は「まだ確認できていない事項もあり、意見は今後の協議に生かしたい」「光ファイバー網の整備、道路整備などは全市が対象になる」などと答えた。

 また議員定数については「一部では町会議員を減らさないと合併の意味がないと言われているが、新市発足の大事な時で懸案事項も多い。在任特例を強く主張してほしい」といった要望も出された。

 住民説明会は、3月2日まで計25会場で開かれる。

写真:多目的構造改善会館で開かれた夜久野町の住民説明会(上)
    金屋ふれあいセンターで開かれた大江町の住民説明会
(下)


味や香りで産地当て 茶香服大会に40人参加

 福知山市茶生産組合連合会(田中博夫会長)は12日、同市興の公会堂で、茶香服大会を開いた。市内5つの茶業組合の生産者と来賓合わせて40人が参加し、5種類の茶の色、香り、味を比べて産地を当てる鑑定技術を競った。

香りや味を比べる参加者 茶香服は、中国から渡来したもので約1200年の歴史をもつ。国内では室町時代に娯楽遊戯として広く貴族間に流行した。茶の生産地として知られる両丹地区でも長年大会が続けられている。

 用意された茶は、山城、両丹産の玉露と山城、静岡、鹿児島産の煎茶(せんちゃ)の5種類。それぞれの茶を花、鳥、風、月、客と称して札を投じ、全部正解すれば5点になる。これを5回繰り返し、25点満点で順位を競った。

 参加者たちは湯を入れて1分30秒後に茶を注いだ小さな湯飲みが配られると、香りを確かめたり、じっくりと味わったりして、特徴をメモし、産地や種類を決めていた。玉露と煎茶の違いは比較的分かりやすいものの、玉露、煎茶同士の差は微妙で、判断に悩んでいた。

 来賓を除く上位10人が、20日に綾部市で開かれる京都丹の国農協茶部会の茶香服大会に、福知山代表で出場する。

写真:茶の産地などを判断するため、香りや味を比べる参加者


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹