両丹日日新聞12月3日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

市議会で復旧など22億円補正上程 取り壊される旧金山小体育館

 福知山市は、3日開会した市議会12月定例会に、22億4743万1千円の今年度一般会計補正予算案など20議案を提案した。台風被害による災害復旧費約20億円が柱となっている。

 災害復旧費で最高金額は水田、農道などの10億1524万円。台風23号で1150カ所が被災し、このうち85%分の復旧費にあてる。道路、河川は1032件の被害があり、6億1840万円で40%分を直す。

取り壊される旧金山小体育館 行積の金山自然教育センター(旧金山小)体育館の解体経費には450万円。1960年12月に建設した面積約317平方mの木造体育館で、23号で屋根に大きな穴が開き、大量の雨が入り込むなどして使用不能になり、そのままおいて置くと危険なため取り壊すことにした。跡地利用は未定。

 台風以外では高齢者インフルエンザ予防接種事業に1069万6千円▽川口内科診療所と川口歯科診療所への繰出金210万円▽市道事故損傷賠償金に53万7千円などとなっている。

 条例関係は市職員に支給していた寒冷地手当を06年度に廃止する市一般職員の給与に関する条例の一部改正案など5議案を上程した。


写真:取り壊される旧金山小体育館


合併是非問うアンケート 夜久野町が有権者に配布

 夜久野町は3日、福知山市、三和町、大江町との合併の是非などを問う住民アンケート調査用紙を町内の有権者に配布した。返信期限は17日。町は「判断材料として役立てたい。ぜひ回答をお願いします」と呼びかけている。

 同町は11月に21会場で、合併しない場合の財政シミュレーションなども記した資料を配布して、住民説明会を開いた。説明会終了後にはアンケートによる意向調査をすることを明言していた。

 アンケートは20歳以上の有権者を対象にする。同町の有権者は11月1日現在で4121人。

 最初に居住地区、性別、年代を記す。全14項目を設けており、合併是非を問う欄では「賛成」「反対」「どちらともいえない」「わからない」の4つから選び、「わからない」以外は理由を問う設問に続く。

 ほかに「町の将来像」「重点的に進めてほしい施策」などの項目と意見要望を記入するスペースも入れた。

 アンケートは返信用封筒に入れて、役場か区長に届ける。役場では開封せず、業務委託で開封集計をする。


鬼の像6体に名前つく 大江町商工会女性部が募集

 大江町商工会女性部(田邉百合子部長)は、一般から募集した町内の鬼の像6体の名前を決定した。

「元鬼」の名前がついた像 鬼退治伝説で知られる同町では、大江山に通じる道筋に計13体の鬼の像が立っている。いずれも人の等身大で、それぞれユニークな表情や姿で訪れる人たちを迎えている。

 このうち7体は名前が付いており、今回は無名の6体について広く一般から募った。町内外の人から計61通の応募があり、この中からそれぞれ像の姿や立つ場所にちなんで付けられた名前を選んだ。

 女性部は、10月に開催される大江山酒呑童子祭りで選定した名前を発表する予定でいたが、台風23号で大きな被害を受け、中止されたことから発表を遅らせていた。

 名前の決まった像は次の通り(名前、名付人、ネーミングの理由)。

 (1)「稲荷鬼(いなりおに)」=山本佳奈(岡山市)鬼嶽稲荷神社手前に立つから▽(2)「元鬼(げんき)」=栗垣里佳(綾部市)元伊勢観光センター駐車場にあり元伊勢の元と元気という意味を含め▽(3)「水鬼(すいき)」=荒賀めぐみ(大江町)酒呑童子の里の水辺の広場入り口にあり清らかな水の流れから▽(4)「呑鬼(のんき)」=阿部好信(姫路市)鬼瓦工房の階段にあり、酒を呑(の)んでいる、のんべいの鬼だから▽(5)「清流鬼(せいりゅうき)」=大橋由希子(兵庫県三木市)如来院下にあり川を守っている鬼だから▽(6)「分鬼(ぶんき)」=古川菜奈(大江町)宮津方面と大江山の分かれ道に立つから


写真:元伊勢観光センター駐車場に立つ像は「元鬼(げんき)」の名前がついた

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹