両丹日日新聞12月1日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

WEB速報 大江町長リコール選挙は1月3日告示、23日投票。選管が1日午前に決定[1日13:40]
訃報 福知山市長・高日音彦氏の母、高日シズ(たかひ・しず)さんが1日午前10時11分、入院先の市内の病院で亡くなった。95歳だった。通夜は1日午後7時から市内三俣413の自宅で近親者のみで、葬儀・告別式は2日午後2時から長田野町の市斎場で。供花・供物は辞退する。喪主は長男・音彦氏[1日13:15]
WEB速報 拝師で民家全焼

 1日午前9時30分ごろ、福知山市拝師の無職、足立たま江さん(87)方から出火。木造2階建て瓦ぶきの母屋、延べ約240平方mを全焼した。足立さんは避難して無事。
 近所のお年寄りが散歩中に煙が上がっているのを見つけ、近所の人たちに大声で知らせた。火災の原因などは福知山消防署などで調査中[1日11:10]
 午後には近くの今安でも農家の納屋でボヤ[1日5:45]

「合併協議、1月には再開を」 市が議会特別委で意向示す

 福知山市議会の全議員で構成する市町村合併特別委員会(塩見仁委員長)が30日、市庁舎内で開かれた。市側は来年3月末までに府知事へ合併申請するため、1月には福天1市3町の合併協議会を再開させたい意向を明らかにした。

 福知山市・三和町・夜久野町・大江町合併協議会では56の調整項目のうち、合併方式など49項目を確認。高日音彦市長は「11月合併調印、12月に各議会へ合併議案の上程」をめざしていた。ところが、10月20日に来襲した台風23号で福天地方に大きな被害があったため災害復旧を第一に考え、同日以降の合併協議会、小委員会などすべての会議を当面延期。「災害復旧に一定のめどがついた段階で再開する」との方針を打ち出した。

 災害復旧で合併協議会の話し合いがストップし、「11月調印、12月上程」は実現できなかったが、高日市長は、3町長との間で「来年3月末までに府知事へ合併申請するよう努力する」「枠組みは1市3町で進めていく」ことを確認したと報告。また山段誠助役は3町における住民投票条例制定や町長解職請求の動きについてこれまでの経過を説明した。

 来年3月末までに申請するには、議会の議員定数など残る7項目を確認し、合併調印、各議会での承認が必要。さらに、大江町の住民グループが町選挙管理委員会に29日、伊藤堯夫町長解職の本請求をしたこともあり、委員からは3月末までに知事申請できるかどうかを不安視する意見が相次いだ。

 これに対して市側は、予定通り申請できるよう努力することを強調。申請するためには来年1月に合併協議を再開させ、円滑な協議が重要との考えを示した。

 また、福知山市の住民説明会の開催時期については「来年1月下旬をめどにしている」と答えた。

 改正合併特例法では、来年3月31日までに市町村議会の議決を経て、都道府県知事に合併申請し、06年3月31日までに合併すれば、現行の合併特例法が適用され、財政上の優遇措置を受けられる期間が1年延長できるとしている。



保護者や地域、警察も連携 上川口小学校が不審者侵入に備え訓練

 福知山市野花、上川口小学校(長野幸富校長、110人)は30日、不審者が校内に侵入した時の訓練を実施した。不審者からの防御、避難誘導だけでなく、保護者に子どもたちを引き渡すことも採り入れた総体育館で行われた保護者への児童引き渡し訓練合的な訓練で、保護者や地域、警察の協力を得て、子らの安全確保に向け、連携を深めた。

 同校では池田小事件や校区内での不審者事象を受け、昨年から児童の引き渡しを含めた避難訓練をしている。

 今年も保護者のほか、防犯推進委員や福知山署員らが参加。6年生のクラスに不審者が侵入したという想定で行った。地域の人が扮した不審者が教室内に入ると、担任教諭が児童たちを外に逃がすとともに、他の教諭たちが駆けつけ、モップなどを使い不審者の動きを阻止。児童たちはこのすきに体育館に集まった。

 体育館では長野校長が児童たちに「下校時は1人で帰らず、何かあった場合は子ども110番の家に駆け込むように」と呼びかけた。地域の防犯推進委員や同署員も不審者に対する注意事項などを話した。

 このあと児童たちを父母らに引き渡す訓練をし、父母らが名前を記し、子どもたちを連れて帰宅した。保護者の吉田智広さん(36)は「訓練は子どもだけでなく親も勉強になる。子らと同じように万が一の時の心構えが身につく」と話していた。


写真:体育館で行われた保護者への児童引き渡し訓練

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹