両丹日日新聞11月25日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

菟原中に10戸、上川合2戸 三和町が町営住宅を建築

菟原中の完成予想図 三和町は近く、菟原中と上川合で町営住宅(特定公共賃貸住宅)の建築工事にかかる。建てるのは菟原中が5棟10戸と上川合が1棟2戸。ともに木造2階建てで、1棟あたり延べ171平方m。年度内完成を目指し、入居者募集も年度内に始めたい考え。

 1階に6畳の和室とダイニング、2階に6畳の和室と4畳半の洋室を配置する設計を基本とし、2棟は1階をバリアフリーの洋室にして車いすでも生活できるようにする。スギやヒノキを多用し、木の持つあたたかみ、やさしさが伝わる内装でデザインした。建築工事費は1億5960万円。今井工務店が請け負った。

 菟原中は昨年の今ごろから造成工事をして用地を確保。賃貸住宅6区画と分譲5区画を設けた。上川合は、移転した町診療所の跡地を整地して有効利用する。菟原中の宅地分譲も年度内に開始する考え。


写真上:菟原中の完成予想図


自慢の品に多くの人 夜久野町で農林商工祭

 夜久野町の産業にかかわるあらゆる品が一堂に並ぶ「第20回農林商工祭」が23日、夜久野高原の農匠の郷で開かれ、地元でさまざまな活動をする44団体が、自慢の品を販売・展示した。好天にも恵まれ、例年より多くの家族連れらでにぎわった。

多くの人でごった返した 農林業と地場産業の振興、掘り起こしなどを目的に、商工会や森林組合、営農組合連絡協議会、造林組合連絡協議会などが実行委員会をつくり、毎年開いている。

 今年もたくさんのテントが並んだ。営農組合のスペースでは、山金の手打ちそば、みなもとの薯(イモ)煮、水坂茶、門垣の粟餅、門垣の若者でつくる「門松会」の化学調味料を使わないヘルシーな赤富士ラーメンなど、多彩な食べ物が大きな呼び声とともに売られ、大勢の人たちでごった返していた。

 また、樹の子の会のマイタケご飯、無添加の加工食品をつくる平野グループの黒豆みそ・もろみ、ホウレンソウ部会のホウレンソウとシュンギクの入ったみたらし団子など、それぞれの個性や特長をうまくPR。夜久野育種農場の白肌ゴボウは、開場早々に完売するなど、恒例の人気商品も。

 今回初めて、わら細工の作品展示があり、野菜やもみ、弁当などを入れた”ふご”という昔懐かしいかごが出品された。訪れた人たちは、お目当ての品の入ったナイロン袋をたくさん提げ、楽しそうに会場を見て回っていた。


写真:たくさんのテントが並び、多くの人でごった返した

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹