両丹日日新聞11月5日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で


福知山マラソン中止決定 実行委「安全確保困難、復旧優先」

 福知山マラソン実行委員会(委員長・山段誠福知山市助役)は4日午後、23日開催予定だった「第14回福知山マラソン」を中止すると発表した。台風23号の影響でコース上の道路などが損傷を受け、ランナーの安全確保が難しいこと、災害復旧が優先されるなかコースを長時間にわたって交通規制できないため横断幕を片付ける市職員−などとしている。中止するのは第1回開催以降初めて。5日には市職員がランナーを歓迎する横断幕などを片付けた。

 同マラソンは三段池公園総合体育館前をスタート、大江町二箇下を折り返し、同体育館前にゴールする42.195kmの日本陸連公認コースで行われている。由良川右岸が大部分を占めており、この台風でコースの4分の3が冠水、筈巻橋付近の道路の路肩が一部崩れるなどしている。

 台風23号は福知山、大江などに甚大な被害をもたらしたが、実行委は開催に向けて準備を進めてきた。しかし、ランナーの安全確保の問題がある▽災害復旧がまだ終わらないうちに重要な生活道を通行規制しなければならない▽沿道の家庭に協力を依頼していた給水の確保が困難−などとし、3日に開催した福知山マラソン組織委員会で中止を決定。4日午後になって公表した。

 開催の有無などランナーからは多数の問い合わせがあったといい、ランナーたちをやきもきさせていた。

 大会会長の高日音彦市長は「たいへんご迷惑をおかけしますことを心からおわび申し上げます」とコメント。記者会見に出席した山段委員長は「苦渋の判断だった。来年は復興したまちの姿をランナーに見てもらいたい」とし、来年の15年記念大会に向けて準備を進めるという。

 参加申し込みをしていた20歳代のランナーは中止を惜しみつつも「あれだけの被害だから仕方がない。来年頑張ります」。住民からは「マラソンを開催すると被災された方は複雑な気持ちになると思う。中止には賛成だ」との声が出ている。

参加料は返還
 フルマラソンに応募していたのは9233人。郵送で中止を知らせるほか、参加料は返金に必要な実費を差し引いて残金を郵便小為替で全額返金する。3kmファンランなどサブ種目も中止するが、参加料の取り扱いは検討している。問い合わせは電話(23)6861の実行委事務局へ。


写真:横断幕を片付ける市職員


財政シミュレーション示し合併住民説明会 夜久野町が8日から21会場で

 福天1市3町の合併問題についての夜久野町の住民説明会が、8日から始まる。27日までにこれまで最多の21会場で開き、合併した場合と合併しない場合の財政シミュレーションに沿って進める。

 27日以外は1日2会場ずつ行い、いずれも午後7時30分から。大江輝久夫町長と瀬田眞澄収入役が2会場に分かれ、各課長、担当職員が出席する。

 すでに行政協力員を通じて各戸に財政シミュレーションを示した資料を配布しており、事前に目を通してもらっていることを前提に、説明会では概要説明のあと質疑応答と意見の集約を中心に進める。

 合併しない場合の財政シミュレーションでは、収入の8割近くを占める依存財源が年々減少していくとの予想をたて、05年度に物件費や人件費を削減、町単独事業の廃止か見直しでスリム化を進める方向で調整。07年度以降は05年度をベースに14年度までの推計上の数字を出した。

 資料ではほかに(1)現行(2)合併した場合(3)合併しなかった場合の3パターンを並べることで比較しやすいものにしている。町役場の機能、乳幼児医療費の助成など、住民の関心が高いとされる50項目をピックアップしてQ&A方式で示したものや、3パターンを横一列にして対比できる各種事業表を出している。

 説明会には資料を持参する。町は「一人でも多くの住民のみなさんの出席をお願いします」と呼びかけている。日程と会場は次の通り。

 ▽8日=山中公民館、中田公民館▽10日=副谷公民館、下町公民館▽12日=直見総合センター、多目的構造改善会館▽15日=ふれあいの里福祉センター、下千原公民館▽17日=日置公民館、小倉集落センター▽19日=末公民館、駅前公民館▽20日=高内公民館、大油子公民館▽22日=井田公民館、現世公民館▽24日=今西中公民館、中央公民館▽26日=稲垣公民館、羽白公民館▽27日=きらめき館

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹