両丹日日新聞11月4日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

WEB速報 福知山マラソン中止

 福知山マラソン実行委員会は4日午後、11月23日開催予定だった第14回福知山マラソン大会を中止すると発表した。コースの多くが台風23号災害の被災地内に設定されているため。
 参加者には郵便で直接知らせ、参加料は返金に要する実費を差し引いて郵便小為替で返金する。問い合わせは実行委、電話0773(23)6861

幹線路で続く通行止めで通勤などに支障−台風から半月

 台風23号が府北部を襲ってから半月が過ぎた。山崩れや路面の崩壊で寸断された各地の道路は急ピッチで復旧作業が進められているが、被害個所が多いうえ規模も大きく、幹線道路では依然として不通が続いているところもある。住民生活に影響を与えており、一日も早い復旧が望まれている。

兵庫県但東町の国道426号−仮復旧にあと1週間ほど
 福知山市野花の国道9号との出合いから但東町、出石町を経て豊岡市まで約50kmを結ぶ国道426号では、福知山市中佐々木の道路崩落現場の仮復旧が終わって通行止めが解除されたが、兵庫県但東町国道426号で全面通行止めが続いている。

 現場は福知山から登尾トンネルを越えて約6km進んだ栗尾、さらに約1km先の平田で、道路沿いの出石川のはんらんなどで、計7カ所にわたって道路が崩落している。復旧作業が進められているが、仮復旧までにさらにあと1週間ほどかかるという。

 栗尾地区の道路沿いに住む主婦は「道路が落ちているのを知らずに通った自動車2台が濁流に飲み込まれました。水の力は恐ろしいものです。国道426号を利用して但東町から福知山方面に通勤している方も多く、困っておられるようです」と話していた。

 福知山市一ノ宮にあるロードパーク・里の駅みたけに勤める主婦、由利和美さん(58)は「カニのシーズンで増える観光バスや京阪神からのマイカーが、まったく来ない状態。土産物や農産物はほとんど売れません」と嘆いていた。


写真:道路崩壊などの被害が集中した兵庫県但東町平田の国道426号


公共土木施設被害320億円 府内で3674カ所

 府は2日、台風23号による府内の河川や道路などの公共土木施設の被害が計3674カ所で、被害額が320億円に達する見込みである−と発表した。

 同日、府庁で開かれた台風23号災害対策本部会議で明らかにされた。河川被害は福知山市三岳地区の佐々木川の護岸破損延べ2・7kmなど2062カ所で、被害額は209億円に上る。

 道路は同市日尾の国道426号が25m決壊(土砂流出量500立方m)、綾部市寺町の国道173号が30m決壊(同9000立方m)するなど、1432カ所で被害が出た。被害額は89億円。砂防関係では福知山市雲原の雲原川で砂防えん堤、流路工などが破損した。

 このほか北近畿タンゴ鉄道の被害額が約6億円。文化財については40件の被害があり、被害額は約5億円になる。水害でのゴミは大江町、舞鶴、宮津市で計約2万トンに上ることが分かった。

 農林水産被害についても報告され、被害額は前回発表の100億円超よりさらに増え、120億円を超える状況であることが発表された。

由良川福知山市など11カ所で復旧 由良川直轄区間の被害

 国土交通省福知山河川国道事務所は2日、台風23号による由良川の直轄区間の災害状況を発表した。1日現在で福知山市、大江町など4市1町で、暫定堤防の欠損や堤内側のり面が濁流で洗われ削られるなど計29カ所で被害を受けた。このうち11カ所で復旧作業が完了した。

 市町別では福知山市12カ所▽綾部市2カ所▽舞鶴市9カ所▽大江町3カ所▽宮津市3カ所。福知山市では猪崎の小堤防欠損、東谷川樋門水路の土砂たい積現場など9カ所で応急復旧工事などを終えた。大江町の蓼原川樋門の損傷などについては予算措置後復旧作業に入る予定にしている。


写真:各所で被害が出た由良川

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹