両丹日日新聞10月19日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

紙すき体験など楽しむ 福天でホームステイのロシアの人たち

紙すきに挑戦するメンバー ロシア・モスクワの人たちが福天1市3町でホームステイをしながら、日本の生活を体験している。17日には、大江町二俣の和紙伝承館で紙すきを体験し、和紙づくりに挑戦した。

 来福しているのは、ホームステイを通じて世界中に友だちを作ろうと活動している非営利団体「ザ・フレンドシップ・フォース」のモスクワクラブの11人。雪の降るモスクワを離れ14日に福知山入りし、受け入れた京都福知山クラブ(山田賢一会長)のメンバー宅にホームステイしている。

 和紙伝承館では手順を見たあと実際に紙すきをし、四苦八苦したものの、初めての体験に喜んでいた。このあと、仏性寺の日本の鬼の交流博物館へ。入り口そばにある高さ5mの巨大鬼瓦「平成の大鬼」を見て圧倒された様子だった。

 18日には福知山市役所へ足を運び、高日音彦市長を表敬訪問した。一行は20日まで滞在し、福島県郡山市へ向かう。


写真:紙すきに挑戦するモスクワクラブのメンバー


園児たちがリズム遊びで元気に演技 福知山幼稚園

演技する園児たち 福知山市岡ノ、福知山幼稚園(徳田節子園長、58人)で運動会があり、青空の下で園児たちが元気に駆け回った。

 運動会のメーンとなったのはリズム遊びで、4、5歳児が4チームに分かれて「あそべやあそべみなあそべ」の歌に合わせて演技した。

 虫たちの運動会をテーマにしたもので、園児たちはチョウやバッタをまねて、背中に色とりどりの布製の羽をつけて登場。同園PTAの太鼓クラブによる演奏に合わせて跳んだりはねたりした。

 玉入れや綱引き、親子での障害走などのほか、PTA手作りのみこしも繰り出し盛り上げた。


写真:リズム遊びで演技する園児たち


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹