両丹日日新聞10月13日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

ライブカメラ導入し三春峠マラソンの映像を中継 三和町商工会がふるさと情報発信事業で

 三和町商工会は、ふるさと情報発信事業の一つとしてライブカメラ(ネットワークカメラ)を導入。12、13両日で仮設定を終え、ホームページで公開を始めた。三春峠マラソン開催時にはコース上に設置して、にぎわいを中継する。

カメラを仮設置 ライブカメラはインターネットを利用してライブ(生)映像を流す小型のカメラ。名所の天気や道路の混み具合を見せるホームページが増えてきている。町商工会がカメラを設置したのは千束、町役場横の町農業振興センター2階。国道9号に面していて、車の流れなどを見ることができる。ホームページの画面を操作してカメラの向きを上下左右に動かすこともできる。「こんご町内の名所などにカメラを増やしていきたい」としている。

 11月14日に役場前をスタート・ゴールに開く三春峠マラソンでは、コースにカメラを持ち出してランナーたちの姿を中継する予定。

5km、10km、ハーフの申し込みは15日まで

 大会の申し込みは今月15日までとなっており、「申し込みを済ませていない人は急いで」と呼びかけている。

 距離は5km、10km、ハーフ。年齢・性別に分け、計13部を設ける。参加料は一般3000円、小中学生1500円。申込用紙は福知山市武道館、市民体育館などにある。問い合わせは実行委員会事務局の町商工会、電話(58)3667へ。


写真:町農振センターにカメラを仮設置。マラソン当日はコース上に移動させる


ジャズコンサートに700人 府立工高のマンボウバンド

ジャズコンサート 福知山市石原、府立工業高校の吹奏楽部「マンボウ・ジャズ・バンド」のジャズコンサートが9日夜、同市中ノ、市厚生会館で開かれた。部員33人がジャズの名曲のほか、映画音楽などを演奏し、訪れた人たちを魅了した。

 2年前まで同じジャズバンドの大江高校吹奏楽部と合同コンサートを開いてきたが、昨年から単独で開催している。

 コンサートは3部構成で、1部は「スイングショット」など5曲を演奏。2部は同市堀出身のトランペット奏者、田中充さんがカルテットでゲスト出演し、初アルバムから「北海」など5曲を披露した。

 3部は再びマンボウが登場。「007ジェームス・ボンド・テーマ」では途中、映画の1シーンをまねた寸劇も採り入れ、会場を沸かせた。トランペットやテナーサックス、ギターなど各パートのソロ演奏もあり、一人ひとりがスポットライトを浴びていた。

 3年生5人は最後のステージとなり、3年間の活動の成果を存分に聞かせた。また「ブルー・ボッサ」の演奏では田中充カルテットも加わり盛り上げた。アンコールは「コパカバーナ」。力強く軽快な演奏に会場に詰め掛けた約700人の聴衆は惜しみない拍手を送った。


写真:アンコールの「コパカバーナ」では、力強く軽快な演奏を聞かせた


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹