両丹日日新聞10月9日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

日本を代表する選手らが熱戦 三段池体育館でソフトテニスカーニバル

熱戦を繰り広げる選手たち 2004ソフトテニスカーニバル(同カーニバル実行委員会主催)が9日、福知山市三段池公園総合体育館で開かれ、日本の女子のトッププレーヤーらが熱戦を繰り広げた。両丹日日新聞社など後援。

 今年は、地元サンライフなど日本リーグをはじめ、実業団や県選抜、それに大学などからの合同チームを含めて16チームが参加。雨のため室内に会場を移した。

 試合は午前9時から始まり、トーナメント戦で優勝を争った。日本を代表する選手だけあって鋭いサーブやレシーブが飛び交い、ハイレベルの試合を展開。コートサイドにはそれぞれのチームの横断幕が掲げられ、選手の歓声と仲間の声援で熱気に包まれていた。


写真:熱戦を繰り広げる選手たち


大江高でテレビ番組の製作学ぶ 綾部市内の児童が校外学習で訪問

説明を受ける児童たち 大江町金屋の府立大江高校(蘆田平校長)に8日、綾部市の東八田小学校の5・6年生39人が訪れ、ソフト経済科のスタジオでテレビ番組の製作過程を学んだ。

 集団活動を通じて児童同士の交流を図り、将来の進路を考える機会に−と、秋の校外学習で訪れた。「テレビ番組はこうして作られる」をテーマに同経済科の永井正樹教諭から指導を受けた。

 初めに高校生が作った鬼の町を紹介する映像作品を観賞。このあとスタジオでカメラなどの機材の説明を受け、実際に自分たちを撮ったり、教材用の映像を編集したりして、日ごろ見るテレビ番組がどのよう作られるかを楽しく体験した。


写真:スタジオで器材の説明を受ける東八田小の児童たち


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹