両丹日日新聞9月4日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

大江町役場で公用車の燃料抜き取られる 周辺事業所でも夜間に頻発

 大江町河守の町役場で、公用車のガソリンが夜間に抜き取られる被害が頻発している。周辺の事業所でも同様の被害が出ており、町では警察に被害届を出すとともに防止策を検討している。

大江町役場の駐車場 被害が目立つようになったのは今年5月ごろから。深夜に中庭の駐車場などに止めている公用車から、ガソリンを抜き取られているという。

 例えば週末の金曜日にガソリンを入れ、休み明けの月曜日に乗ろうとすると空になっている。職員が必ず付ける乗車記録を見ても誰も利用していない。抜き取る際にガソリンがこぼれた跡が、地面に残っている時もあるという。

 自衛策として退庁時や休日前に車同士を幅寄せして止めたり、壁際に燃料補給口を近づけて駐車したりしているが、それでも狙われる。燃料補給口やカギで開けるキャップを壊される被害も出ている。

 周辺事業所でも同様の被害に遭っているという。町では「今のところ抜き取りやすい軽車両が狙われている。公用車をすべて車庫に入れることは出来ない。これまでに延べ20台ほど被害に遭っており、警察にも夜間の巡回を増やして頂いている。町としても独自の対策を検討しています」と話している。


写真:公用車の燃料が抜き取られる被害が目立つ町役場の駐車場


印象さわやかに−電話応対 ユーザ協会がコンクール

電話応対コンクール 日本電信電話ユーザ協会北京都協会(谷村紘一会長)による電話応対コンクール北京都大会が1日、福知山市のNTT福知山ビル東別館で開かれ、府北部の事業所代表21人が参加して、企業イメージを高める電話の受け答え方を競い合った。

 雑誌に掲載された健康食品の無料サンプルを申し込んだ女性に、無料サンプルがもう1種類選べることを電話で伝える−との設定。コンクールに参加した人たちは、自分の会社とは別の健康食品会社の社員になりきって受話器を持ち、笑顔で明るい声を出し、要件を伝えていた。

 別室ではユーザ協会の役員やビジネスマナー研修会社の社長らが審査をし、あいさつはできているか▽歯切れ良く適度な速さで話しているか▽なれなれしく話していないか▽設定の要点をつかみ、相手方にしっかりと情報を伝え切れたか−などをチェックし、採点していった。上位5人は30日に京都市内で開催される京都大会へ進む。全国大会は11月に大阪市内で開かれる。


写真:府北部の事業所から21人が参加したコンクール

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹