両丹日日新聞6月7日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で

WEB速報 大橋府議、市長選に出馬せず

 福知山市長選挙への出馬を巡り動向が注目されていた大橋健府議が7日午前、両丹日日新聞社の取材に対して「今回は出馬しません」と答えた。詳細は7日付紙面で[7日13:25]

WEB速報 春季高校野球近畿大会 福知山成美は準優勝

 春季高校野球近畿大会に府代表として出場していた福知山成美は、6日に姫路球場での決勝戦に臨み、大阪桐蔭(大阪)と対戦。5-2で惜しくも敗れたが、夏の甲子園へ大きな期待を膨らませる戦いだった。


住宅デーに網戸の張り替えなど 独居老人宅で修繕も

独居老人宅で修繕 第27回住宅デー(同福知山実行委員会主催)が6日、福知山市中ノの御霊公園内と同市上松の足立建設作業場で開かれた。建築職人が、市民から持ち込まれた網戸を張り替えたり、包丁を研いだりし、住まいの相談にも乗った。

 実行委員会は全京都建築労働組合福知山支部(門野一眞支部長)でつくっている。

 多くの建築職人が待ち受ける御霊公園では、網が破れた網戸や、出刃包丁などが次つぎに持ち込まれた。網戸は新品のものに張り替え、包丁研ぎも素早く行った。

 また同日は、惇明、昭和学区と三和町内の独居老人宅を訪れ、無料の修繕活動を実施。岡ノ2町の長屋に1948年から住む女性宅では、木製の小さなベランダを修繕した。すでに木が腐り危険な状態だったため、5人の職人がアルミ製の物干し場に丸ごと替えた。女性は「本当にありがたい」と話していた。


写真:独居老人宅で修繕にも励んだ


ピアノとチェロの美しい音色が響く 正明寺の大興寺でモリアオコンサート

本堂で開かれたコンサート モリアオガエルの産卵で知られる福知山市正明寺の大興寺(有賀祖道住職)で5日、モリアオコンサートが開かれ、ピアノとチェロの調べが響き渡った。

 気軽にクラシック音楽を楽しんでもらおう−と、モリアオガエルの産卵期に合わせて毎年開いている。今年はピアニストの小原久幸さんとチェロ奏者の上塚憲一さんを招いた。

 初めに有賀住職がモリアオガエルのユニークな生態と産卵方法を紹介した。このあと2人がバッハやベートーベンらの曲を演奏した。会場となった本堂には美しい音色が響き、訪れた人たちは2人の奏でる旋律に聴き入っていた。またカエルを観察する休息時間も取り、初夏のひと時を楽しんでいた。


写真:本堂で開かれたコンサートには多くの人が訪れた

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹