両丹日日新聞5月21日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で


WEB速報 福知山市長選挙は6月13日告示

 中村稔市長の辞職に伴う福知山市長選挙は、6月13日に告示、20日投票の日程で行われる。福知山市選挙管理委員会が21日午後に決定した。[21日16:30]


三和町有権者の58%2209人署名 合併問う住民投票条例の制定求め

 三和町の合併を問う住民投票条例の制定を求める署名運動は、1カ月にわたる活動期間が20日で終わった。最終日の仮集計で、署名は2209人が集まった。有権者の58.86%になる。集約と点検をした後、24日午後に町選挙管理委員会へ提出する。

2209人の署名 署名集めをした「住民投票条例制定を求める三和町民ネットワーク」によると、地区別の署名率は菟原が58.61%で細見は53.80%。川合は71.59%にのぼった。集落別では85.27%の高率になったところもあった。

 当初目標としていた2000人を超える結果を、代表者の山内利男さんは「協力いただいたみなさんに、ありがとうと言いたい。町民が合併に高い関心を持っていることが示された」と喜ぶ。

 その一方で、署名は本人に直接会って自分で書いてもらうことが条件になっており「署名用紙を置いて帰らないなど、生真面目すぎるほどの手法を取り、勤務の関係などでご本人に会えず署名してもらえなかった方が多く、申し訳ない」と残念がる。「議会のみなさんには、町民の願いは数字以上に強いことをくみとってほしい」と話していた。

 署名簿は町選管で確認作業が行われた後、1週間の縦覧が行われる。同ネットワークは、縦覧期間後に、名簿を添えて町長に条例制定の本請求をする。


写真:1カ月の活動期間中に集めた署名簿。有権者の半数以上が名前を記した


1本ずつ丁寧にフキ摘み 公誠小児童ら

フキ摘み 福知山市雲原、公誠小学校(足立正幸校長、21人)は21日午前8時30分から、同市坂浦で恒例のフキ摘みをした。

 フキ摘みは1973年から始め、毎年校区内の山や学校敷地内のクリ園で行っている。同日は今年最初の摘み取りで、場所は坂浦トンネル近くの国道176号沿いの民家裏山。地元の人の許可を得て摘んだ。

 児童たちは4グループに分かれて作業。根っこから採ると、来年から生えてこないことから、児童たちは1本ずつ丁寧に摘み取り、見るみるうちにビニール袋がいっぱいになった。

 初めて参加した1年生の井上大地君と西田早里さんは「少ししか採れなかったけど、おもしろかった」と話していた。

 収穫量は18kg。市内や奈良県内の希望者に販売し、冬に兵庫県で行うスキー教室の費用の一部にあてる。


写真:根っこから抜かないように摘み取る児童たち

最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹