両丹日日新聞5月1日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で


WEB速報 京滋大学野球1部 創成大が勝ち点

 京滋大学野球春季リーグ戦1部第5節は1、2両日に宇治市太陽が丘球場などで行われ、今季1部昇格を果たしたばかりの京都創成が滋賀と対戦。1日は8回、9回の共に2死から得点して3-2で競り勝った。2日も終盤に得点を重ね5-3で勝利。念願の勝ち点を挙げた。次節は8、9日にあやべ球場で仏教と対戦する

WEB休日号外


阪神OB伊藤、亀山さんが野球教室

 阪神タイガース球団と福知山東ライオンズクラブによるタイガースOBジュニアベースボールスクールが2日午後、福知山市和久市の福知山球場で開かれた。講師は85年の日本一に貢献した伊藤文隆元投手、ヘッドスライディングの亀山つとむ元野手。福天地方の学童野球16チームの選手たち122人が参加し、基本を大事にしながらプレーすることを学んだ。

 伊藤さんは77年にドラフト1位入団。82年に10勝をマークし、85年は25試合に登板、日本シリーズ第4戦に先発出場するなど大活躍した。亀山さんは87年にドラフト外で入団。92年に1軍定着し、新庄選手(現北海道日本ハムファイターズ)と「亀新コンビ」として大人気を得た。オールスターに50万票を獲得して出場。97年に引退し、99年に枚方リトルの監督を務め、世界大会で優勝したのも有名。

 子どもたちを前に2人はキャッチボールで気を付けることなどを、分かりやすく丁寧に説明。実際に手をとって姿勢や腕の振りなどを教えていた。

 阪神球団主催の公式事業のため2人はタテジマのユニフォーム姿で登場。球場スコアボード上のポールには黄色に黒いシマ模様の球団旗がはためいた。スタンドには大勢の父母が訪れ、2人の姿を熱心に追っていた。

写真:子どもたちに指導をする阪神OBの亀山さん(左)と伊藤さん


三段池のヒラドツツジが見ごろ 白やピンク鮮やかに


ヒラドツツジ 市民の憩いの場となっている福知山市三段池公園では、ヒラドツツジが見ごろとなっている。白やピンクの鮮やかな花が咲き誇り、次々に訪れる行楽客の目を引いている。

 ヒラドツツジは、モチツツジやリュウキュウツツジなどの交配を繰り返し、長崎県平戸市で発達した大型ツツジの品種群。成長が早く管理もしやすいことから公園や工場緑地などによく植栽される。

 同公園では、駐車場付近を中心に植えられており、今年は例年より約1週間早く咲き始めた。10cm前後の大きな花が群がるように咲いており、元気に泳ぐコイノボリと一緒に記念撮影する人たちの姿もみられる。

エビネと山野草展色とりどりのエビネや山野草 市植物園で展示会

 また、同公園内の市植物園では、エビネと山野草展が開かれ、色とりどりの花が来園者の目を楽しませている。

 福知山山野草の会とともに開いているもので、エビネは小町姫、大納言など、山野草はカンアオイ、イワチドリ、サトイモの仲間などを多数展示。即売もしている。栽培方法の相談にも乗っている。同展は5日まで。


写真:色鮮やかな花が目を引くヒラドツツジ(上)。色とりどりの花を咲かせているエビネや山野草


降り積もる雪のように 頼光寺のナンジャモンジャの花

ナンジャモンジャの花 福知山市川北の須弥塔山・頼光寺(立身一徳住職)にある「ナンジャモンジャ」の花が、早くも見ごろを迎えている。派手さはないが、遠くからだと淡雪が降り積もったように見えるのが特徴。5日は同寺でお花見会を催す。

 正式名はヒトツバタゴで、白い花を咲かせる。モクセイ科の落葉高木で、大正時代に檀家が朝鮮半島から持ち帰ったという。「ナンジャモンジャ」の名は、その地方にはない珍木を総称して呼んだもの。

 午後7時30分から1時間半程度は、毎夜ライトアップしており、光に映えて一段と際立つ。また、花びらはクルクルと回転しながら散り、数が増えると、地面はうっすらと雪化粧したようになる。

 5日のお花見会ではナン(何)ジャ・コーナーとして午前11時から新鮮野菜を並べる朝市とフリーマーケットがある。午後1時からはまっ茶、つばき餅を振る舞い、モン(文)ジャ・コーナーでは写経ができる。

薄紫の花から甘い香り 大江町の才ノ神の藤

才ノ神の藤 フジの巨木で知られる大江町南有路の「才ノ神の藤」が見ごろを迎えている。大型連休に入って多くの人が訪れ、棚から垂れ下がる薄紫の花房に見とれている。

 このフジは、府の天然記念物で「京都の自然200選」の選定植物にもなっている。樹齢を重ねて四方に伸び、鉄骨の棚でないと支え切れないほど大きくなっている。

 いまは7分咲き。20〜30cmの花房が一面に垂れ下がり、ほのかな甘い香りを漂わせている。連休合間の30日も大勢の人が訪れ、咲き誇る花を観賞しながらくつろいでいた。


写真:見ごろを迎えているナンジャモンジャ(上)。棚からたくさんの花房が垂れ下がり訪れる人を楽しませている


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹