両丹日日新聞2月27日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で


丹波町で鳥インフルエンザ陽性反応 福知山市など移動自粛を要請

 府は27日、丹波町の採卵養鶏場で1万羽の鶏が死んだ事案を受け、死んだ鶏と生きている鶏の簡易検査をした結果、5羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。府は知事を本部長に対策本部会議を設置し、同養鶏場への部外者の立ち入りを制限する一方、卵の出荷自粛と出荷した卵や鶏肉の販売先の調査・回収、さらに同養鶏場から半径30km以内での鶏や卵の移動自粛を要請した。今後さらにウイルス検査を実施する。ウイルスが確認されると、山口県と大分県に次いで全国で戦後3例目となる。

 府によると、同養鶏場は採卵用の鶏19万8000羽を飼育している。26日夜、同養鶏場で鶏が大量死しているとの匿名電話があり、27日未明から立ち入り調査をした。

 最初に南丹家畜保健衛生所(八木町)で行った簡易検査では陰性だったが、さらに中央家畜保健衛生所(城陽市)で簡易検査をしたところ、死んだ鳥3羽すべてと生きた鳥9羽のうち2羽から陽性反応が出た。

 同農場では20日ごろから毎日1000羽、これまでに1万羽の鶏が死んだという。府では、30km以内での卵や鳥の移動自粛を要請するなど初動防疫措置を取っている。福天地方では三和町全域、福知山市と大江町の一部が該当する。

 鳥インフルエンザは家畜伝染病(法定伝染病)の一つで、今年1月に山口県で発生。国内では1925年以来発生していなかった。人への感染は、鳥との接触やそれらの内臓やフンなど排出物に触れた場合が多く、卵や肉を食べて感染した事例はないとされる。

アイガモをふれあい広場から移す「ふれあい広場」からアイガモ離す 市動物園

 福知山市三段池公園の市動物園では、来園者が動物に触れることができる「ふれあい広場」の人気者だったアイガモ3羽を、4日前からフラミンゴ舎に移していたが、囲われた敷地内だと汚れがひどくなるため、27日午前に三段池へ移し直した。

 動物園内では、来園者が鳥に触れないようにしているほか、用心のため、帰る際に手洗いをしてもらっている。

 二本松俊邦園長は「園の鳥は健康管理を徹底していますが、今はただ、早く収まってくれることを願うばかりです」と話していた。


写真:ふれあい広場にいたアイガモ3羽が三段池の仲間たちの所へ移された



一般会計は実質2%減 福知山市新年度当初予算案

 福知山市は27日、総額676億8457万7千円の2004年度当初予算案を発表した。国と地方の三位一体改革により、地方交付税などの大幅圧縮で深刻な財源不足を生じるが、市債発行や財政調整基金の取り崩しのほか、市税の伸びなどの好転要因もあり財源を確保する。市は第3次行財政改革大綱に沿って事業の優先順位を見極め、「経常経費マイナス3%、投資的経費(単独分)マイナス5%」の基本姿勢で予算を組んだとして、「北近畿の都づくり構想にふさわしい予算編成。堅実な予算だ」と説明している。

 一般会計は前年度当初比2.2%増の263億6千万円。しかし国の特別減税によって95、96年度に借り入れた住民税など減税補てん債の一括返済をする年度にあたっており、その分を除く実質額は252億6千万円で、前年度当初比2.0%減と3年連続のマイナス予算になった。

 16特別会計は278億3890万円(前年度当初比1.5%減)、3企業会計は134億8567万7千円(同8.4%増)を組んだ。

 全会計総額では前年度当初比1.8%増、減税補てん債を除いた実質ベースでも0.2%増になる。3月5日開会の3月定例市議会に提案する。


川合の農集排浄化施設完成し来月共用開始 三和町内4事業そろう

川合浄化センター 三和町農業集落排水事業川合地区の川合浄化センター施設が完成した。3月1日から供用を開始する。町内の水洗化事業はすでに菟原地区の農集排と細見地区の特定環境保全公共事業、大原地区の簡易排水事業が供用を始めており、これで計画してきた4地区すべてがそろう。

 川合地区の事業は岼と上川合をエリアとし、計画処理人口は400人。総事業費約5億5900万円。1998年9月に着工し、2001年度に岼の浄化センターの建設工事にかかった。沈殿分離と接触ばっ気を組み合わせた環境に配慮した方式を採用。敷地面積は1283平方mあり、管理棟は鉄筋コンクリート造り95平方m。約1億7600万円で整備した。

 浄化センターは25日に完工式を行った。1日から供用を開始するのは岼40戸と上川合12戸で、計画の50.9%。管路工事は約750mを残しているが、府道改良と併せて04年度内に工事を終える。

 町内の水洗化率は特環公共下水三和処理区(千束、芦渕、寺尾)が78.5%。農集排菟原地区(菟原下一、下二、中、高杉)が61.4%。簡排大原地区が100%。このほか農集排などの対象区域外の704戸で合併処理浄化槽を計画しており、これまでにほぼ半数の設置が終わった。今年度の施工数は約30基。来年度も同数の設置を目指している。


写真:完成した川合浄化センター


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹