両丹日日新聞1月28日のニュース
福知山のニュースは両丹日日新聞WEB両丹で


WEB速報 インフルエンザで大江中学校が学級閉鎖
 大江中学校は2年2組を29日午後から30日まで学級閉鎖した。インフルエンザによる欠席生徒が多かったため。福天地方の公立小中学校での学級閉鎖は今期初。[29日13:55]

列車通学の思い出胸に感謝の心で駅を清掃 共栄高3年生

駅を清掃 福知山市東羽合、京都共栄学園高校(前原重昭校長)の3年生で列車通学をしてきた生徒たちが28日、JR、KTRの福知山駅で清掃作業をした。冷え込みの厳しいなかだったが、生徒たちは3年間世話になった感謝の気持ちを込めて懸命に掃除をした。

 同校は全校生642人のうち約3割の197人が列車通学をしている。駅の清掃作業は1969年から続く伝統行事。卒業式が迫ると毎年行っており、今年で36回目を迎えた。

 代表の生徒16人が参加し、JRとKTRに分かれて作業。JRでは、ほうきで駅前広場のごみをはき集める一方、ぞうきんでコンコースや待合室のふき掃除をした。空き缶や菓子袋などがごみ袋にいっぱい集まり、ぞうきんがけは肩車をするなど協力して目の届きにくい場所まで丁寧にふいていた。

 作業後、花束贈呈式がJR、KTRでそれぞれあり、JRでは栗林隆史君が「行き帰りの列車のなかでの友人との語らいは、大切な思い出の一つになっています。これからも後輩たちがお世話になりますが、よろしくお願いします」とお礼の言葉を述べ、井上のどかさんが谷垣和男駅長に花束を贈った。

 これに対して谷垣駅長は「3年間のご利用ありがとうございました。列車通学の思い出を大切に、健康に十分気をつけて頑張って下さい」と卒業を控えた生徒たちを激励した。


写真:改札口をぞうきんできれいにする生徒たち



携帯電話の使い方教えます 創成大情報クラブが無料講習会

携帯電話の無料講習会 福知山市西小谷ケ丘、京都創成大学の情報クラブ(植山映部長、12人)は31日と2月1日午前10時から、同市篠尾新町のNTTドコモショップ福知山店で携帯電話の無料講習会を開く。学生がメールの使い方などをアドバイスする。

 同クラブでは学内や福知山の情報を携帯電話対応ホームページで発信。2年前から福知山マラソンの実況中継を実施しており、写真や動画を携帯電話で見られるようにしている。昨秋の大会時に沿道で実況中継のPR用のビラを配ったところ、多くの人たちから「実況中継の見方が分からない」など、携帯電話についての質問が相次いだため、無料講習会を開くことにした。

 講習内容は携帯電話の基本機能と操作方法の説明で、1−4年生の部員10人が対応する。電話帳やワンタッチダイヤル、メールの使い方などを具体的に教える。携帯電話についてのアンケート調査もする。

 植山部長(21)は「特に年配の方は携帯電話の通話以外の機能を知らない人が多いようで、どんなメーカー、機種の携帯電話でも対応しますので、ぜひ来てください」と呼びかけている。

 希望者は申し込みが必要で、30日までに、同大学・携帯電話クリニック講習会担当=電話(24)7100=へ。


写真:当日は部員10人で対応する


最新のニュース 以前のニュース 連載・特集記事
福知山の最新ニュースをお届けします両丹日日新聞WEB両丹