WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【宮津】漁港に小アジ回遊 キスも上がり始める

最初に釣れたキス
 釣り初心者と、少しだけ経験のある自分、そして「釣り歴だけは長い」と話す先輩、計3人で京都府宮津市へ出かけた。水温がまだ低く、狙いが絞りにくい微妙な時期ということもあり、釣り場選びに迷ったが、小物でいいので何とか魚の顔が見られるようにと、宮津市の商業施設ミップル近くの漁港に決めた。釣行は4月27日。メバル、アジ、キスが釣れ、手堅い釣果となった。

 現地へと向かう途中、シラサエビ、アオイソメ、アミエビを購入。不足している仕掛けも買い足し、目的地に午後4時ごろに到着。宮津市ではキスも上がり始めていると聞いていたため、明るいうちは投げ釣りをした。

 沖に向けて3人横並びで竿を振り、ときどき仕掛けに動きを加えてアタリを待つ。しばらくしてから全員がリールをまいていると、初心者が「何か重たい」。糸の先には魚がおり、駆け寄ってみると大きなフグだった。

 フグは逃がし、投げを再開すると、先輩が微妙なアタリを察知した様子で、「来てる」と一言。そのままリールが巻かれると、白色をした細長い魚影が2つ見えた。釣れたのはともに体長16センチのキスで、とりあえずは「魚がいる」ことが分かりほっとした。

 しかし、先輩が同サイズのキスをあと2匹釣り上げたのみで、アタリがない状況が続いた。勢いづいた気持ちがしぼむなか、漁港の内側に先輩がシラサエビを付け、遊び半分で垂らしていた延べ竿の浮きが沈んでいる。上げてみると、体長14センチほどのアジがかかっていた。

 それを見て、急きょ初心者の仕掛けをサビキに変えてアジ狙いに変更。何度かサビキを繰り返すと入れ食い状態になり、「アジ、いますね」と笑顔がこぼれた。

 この時、漁港をのぞきに来ていた人から、「ここでアジが釣れるのは午後6時くらいまで」と聞き、アジの釣果を上げようと自分もサビキに切り替えた。結局、6時30分くらいまでアジが釣れ、体長12センチから16センチまで44匹をゲットした。

 サビキをしている間、小型のメバル2匹を先輩が上げていたこともあり、暗くなってからはメバル釣りに。シラサエビ、アオイソメを使いながら延べ竿を出すが、魚の気配が全くなく、気温も下がってきたため、この日はここで釣りを終えた。
0502gyosinb450.jpg
 今の時期のアジは、十数センチのものがほとんど。例年、大型連休のころから釣れ出すが、まだ水温が安定せず、釣果は日によって異なるよう。今回、竿下の比較的浅いところでサビキ釣りできたのは、ラッキーだった。豆アジが釣れ始める6月ごろまでは、このサイズが楽しめる。

 先輩の話では、キスはまだ活発でなく、夏場の盛期のような痛快な当たりではないという。仕掛けをあまり動かしすぎず、キスが餌を食べる余裕を与えた方がよさそう。ただ、長くじっとしておくと、宮津湾では、難儀なウミケムシが間違いなく食いついてくるので、注意を。(大槻晋之助記者)

週末と祝日の舞鶴湾の潮位
 【3日】満潮=5時10分(15センチ)、15時24分(21センチ)▽干潮=9時18分(11センチ)、23時13分(マイナス5センチ)
 【4日】満潮=6時3分(14センチ)、15時47分(21センチ)▽干潮=9時8分(13センチ)、23時52分(マイナス4センチ)
 【5日】満潮=16時9分(20センチ)
 【6日】満潮=16時34分(19センチ)▽干潮=0時35分(マイナス3センチ)


写真上=最初に釣れたキス
写真下=たくさんの小アジが釣れた

2018年05月01日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ