WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【白杉】水温低く、時々メバル上がる程度 橋立は好調

0322sirasugi450.jpg
 暖かい日が増え、京都府舞鶴市白杉の堤防では家族で釣りを楽しむ人らが少しずつ増えてきた。しかし、管理人の男性によると、釣果はいまひとつで、最近はメバルが上がる程度だという。

 釣れているメバルは体長10センチほどのサイズがほとんどだが、今月中旬にはシラサエビをエサに、20センチ前後のものが約20匹上がる日もあった。

 管理人の男性は「水温はまだ低いようです。ただ、漁船の網漁ではいろいろな魚が上がっているので、もう少し温かくなれば魚の活性も上がると思います」という。

 17日に釣りに来ていた男性は「チヌ狙いで来ましたが、いまいちなので小物狙いに変えました。今のところ体長10センチから15センチのガシラが3匹だけです」と話していた。

 下荒河の丹後釣具店によると、チヌは舞鶴市吉田の筏、宮津市の天橋立で好調だといい、舞鶴では1日に体長40センチから50センチが6匹、天橋立では17日に体長30センチから38センチが7匹上がった。13日には神崎の地磯で体長38センチが釣れた。


写真=白杉へ釣りに訪れた人たち

2018年03月24日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ