WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【白杉】念願のアオリイカ釣った! 初心者記者リポート

アオリイカ
 今が旬のアオリイカを釣ろうと9月30日、京都府舞鶴市白杉に出掛け、何とか胴長11センチの1匹を釣り上げた。挑戦は今季2回目。釣果のなかった前回の雪辱をかろうじて果たせた。

 海釣りは初心者だが、バス釣りの経験はあったので、ルアーによく似た餌木を使うイカ釣りに興味を持ち、挑戦することにした。2・5号と3号の餌木を準備し、0・8号の道糸、2号のハリスをそれぞれ使用。リールと竿はバス釣りのものを代用した。

 1回目の挑戦は9月20日で、宮津市の栗田湾、宮津湾の浜や堤防5、6カ所を巡ったが全く釣れない。イカの姿は見えているのに食いつかないという悔しい思いも味わった。

 今季は諦めかけていたが、30日に取材も兼ねて行った白杉で、管理人の女性から胴長15センチほどのアオリイカが上がっていると聞き、期待が膨らんだ。

 午後3時ごろから始め、アジ釣りの家族連れなどが多いなか、堤防上に残るスミの跡を頼りに竿を伸ばし、アジ釣りの邪魔にならないように餌木を投げ込んだ。

 小刻みにポイントを変えながら2時間弱粘るが、何の気配もない。投げやりにリールを巻いていると、突然、水中に引っ張られるようなアタリが…。はやる気持ちを抑え、岸に引き付けてからアタリに合わせて竿を立て、一気にリールを巻く。海面からイカが姿を現す。もう興奮を抑えられない。竿を振って岸にイカを引き上げた。「やっと釣れた!」

 アオリイカは透き通った姿をしており、岸に上げるとスミを吐きながら辺りとそっくりの色に変化していく。初めて釣り上げた喜びをかみしめながら、ビニール袋に取り込んだ。
1005gyosinb450.jpg
 このあとも粘ったが、気配が無かったため釣り場を後にした。持ち帰ったイカは刺し身にし、足は塩焼きにした。少しずつしか食べられなかったが、家族にも好評だった。

 管理人の女性によると、白杉ではほかにも、体長10センチ前後のアジや15センチほどのサヨリが釣れ、30センチほどのチヌもたまに上がっているという。(大)

週末と祝日の舞鶴湾の潮位

 【7日】満潮=2時35分(39センチ)、15時26分(42センチ)▽干潮=9時14分(19センチ)、21時50分(24センチ)
 【8日】満潮=3時7分(40センチ)、16時21分(41センチ)▽干潮=10時4分(17センチ)、22時30分(27センチ)
 【9日】満潮=3時42分(42センチ)、17時20分(40センチ)▽干潮=10時57分(17センチ)、23時11分(30センチ)


写真上=何とか釣れた1匹
写真下=家族に好評だった刺し身

2017年10月05日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ