WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【各地】産卵前のカレイ狙い目 浅場で釣れる好機に

これからシーズンを迎えるカレイ
 冬の訪れとともに、カレイ釣りがシーズンを迎えている。砂地の広がるポイントでは、寒さに耐えながら当たりを待つ釣り人の姿が見られる。

 本格的な冬の到来に伴い、海釣りは狙う魚が限られる。そんな中、12月から2月にかけての産卵を前に、浅場に来て荒食いすると言われるカレイは、数少ない釣りの対象魚といえる。

 夏場のキス釣りと違って、カレイはポイントを絞り、ひたすら当たりを待つ粘りの釣りになる。竿を複数本立てる人も少なくない。

 由良川河口などでもシーズンになると上がり始める。体長30センチを超える良型も狙えるが、数はあまり期待できない。時間帯は朝方が一番良いと言われるが、日中でも潮目が変わる時が狙い目となる。

週末の舞鶴湾の潮位

 【3日】満潮=3時1分(31センチ)17時45分(25センチ)▽干潮=10時54分(5センチ)21時53分(21センチ)
 【4日】満潮=3時37分(30センチ)18時29分(24センチ)▽干潮=11時36分(5センチ)22時43分(21センチ)


写真=これからシーズンを迎えるカレイ釣り(資料写真)

2016年12月02日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ