WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【各地】岩礁周りのアイナメ狙う 30センチ超の大物も期待

体長46センチのアイナメ 秋から冬にかけて産卵期を迎え、浅場の磯や岩礁で卵を産むアイナメが釣りのシーズンを迎えている。漁港や防波堤の際でも狙える。大きいものは高級魚として人気があり、ルアーで狙う人たちが増えている。

 一般的に釣行は朝夕が良いとされるが、潮の動きがあれば日中でも釣れる。幼魚は身を隠せる沿岸の藻場にいるが、大きくなると岩礁などの障害物の周辺に潜む。

 ルアーだけでなく、アオイソメを餌に、投げ釣りなどでも狙える。ただ、仕掛けが根掛かりするため余分に持っていく必要がある。

 身は白くて、くせがなくあっさりしている。空揚げや姿煮にするとおいしい。体長30センチを超えれば大物とされる。ことし3月には、福知山市内の釣り人が体長46センチもある超大物を丹後半島で釣り上げている。

 過去にこの欄で取り上げる機会は少なかったが、数少ない冬場の釣りの対象魚として狙ってみるのも面白い。

週末の舞鶴湾の潮位

 【17日】満潮=3時31分(32センチ)17時54分(24センチ)▽干潮=11時16分(マイナス2センチ)23時7分(18センチ)
 【18日】満潮=4時22分(30センチ)18時42分(22センチ)▽干潮=12時4分(0センチ)


写真=めったにお目にかかれない体長46センチのアイナメが今年3月に釣れた


2016年12月15日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ