WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【宮津】高級魚のアコウ上がる

アコウ
 京都府宮津市の養老漁港などで、高級魚とされるアコウ(キジハタ)が上がっている。数は期待できないが、おいしい魚だけにねらう人も多い。

 福知山市下荒河の丹後釣具店によると、顧客の村上史裕さんと仲間の山口由大さんが14日に養老漁港に出かけ、アコウを2匹ずつ釣り上げた。

 初めにアミエビを使ったサビキ釣りで小アジを釣り、それを生き餌にアコウを狙った。サイズは体長25〜30センチだった。

 アコウは深場の岩礁帯にいる魚だが、足元から急に深くなるような地磯や堤防からでも釣れる。

一般的に夏から冬にかけ、夜間の薄曇り、特に大潮前後の上げ下げの途中が狙い目とされる。

 宮津市海洋つり場でも、数は少ないが体長20センチクラスがほぼ毎日上がっている。

 ただ、これまでに釣れた実績のある場所でないとなかなか釣れないようだ。

週末の舞鶴湾の潮位

 【20日】満潮=3時47分(41センチ)15時8分(49センチ)▽干潮=9時10分(31センチ)22時28分(21センチ)
 【21日】満潮=4時21分(42センチ)16時3分(48センチ)▽干潮=10時11分(29センチ)23時10分(24センチ)


写真=養老漁港で村上さんらが釣り上げたアコウ

2016年08月18日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ