WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【舞鶴・宮津】海水温低く根魚狙い 磯や防波堤に釣り人の姿

0219turi.jpg
 海水の温度が1年で最も低い季節を迎えている。この時期は、メバルやガシラなどの根魚が釣りの対象になり、舞鶴や宮津の磯、防波堤では餌釣りやルアー釣りを楽しむ人たちを見かける。

 メバルは、体の大きさに似合わず強い引きが魅力。磯だけでなく、底が石積みされているような防波堤などにも居着き、小魚などを捕食する。呼び名の通り大きな目が特徴。ガシラも同様に岩礁や藻場に生息し、甲殻類や小魚を捕まえる。

 いずれも最長30センチ程度にまで成長するが、20センチを超えるものが釣れれば良い型といえる。メバルは波の穏やかな、日の出、日没前後が狙い目。餌はシラサエビがよく、浮き釣りか、場所によっては胴突き仕掛けで狙う。

 この時期の釣りの対象魚になる数少ない魚で、煮物や空揚げのほか、大きいものは刺し身にするとおいしい。

 海水の温度や時間帯によって釣果は左右されるが、ともに冬から春にかけての釣りとして人気がある。

週末の舞鶴湾の潮位
 【21日】満潮=3時31分(18センチ)16時26分(12センチ)▽干潮=10時34分(マイナス12センチ)22時40分(同6センチ)
 【22日】満潮=4時28分(16センチ)17時2分(13センチ)▽干潮=11時15分(マイナス9センチ)23時35分(同7センチ)


写真=ルアーフィッシングの対象魚としても人気を集めるメバル(資料写真)

2015年02月19日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ