WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川支流】2月16日にアマゴ釣り解禁

0205turi.jpg
 山里に春の訪れを告げるアマゴ釣りが今年も3月16日、由良川漁協(須藤寅雄組合長)管内の支流で一斉に解禁になる。解禁前日の15日には成魚250キロ(約1万2千匹)を放流する。

 由良川は流域の約9割が山地。その山あいを縫って流れる水は清く、アマゴ、イワナなどの渓流魚も生息できる。漁協管内には多くの支流があり、春先には雪解けの冷たい水が本流へと注ぐ。

 アマゴの放流事業は、こうした豊かな自然を生かした取り組み。夏場のアユ釣りとともに、春先の渓流釣りが、由良川の魅力を多くの人に知ってもらう機会になっている。

 今年も管内の福知山、綾部、舞鶴3市の支流17河川に放す。兵庫県丹波市青垣町で育てられた体長16〜18センチほどの成魚を取り寄せて、昨年と同じポイントに放流する予定でいる。

 解禁は16日午前6時。遊漁料は年券5千円、日券1千円。同漁協では「今年は昨年の水害で河川の復旧工事が進められているところもあり、放流場所を急きょ変更する場合もある。正確な場所は、15日の放流後にテレホンサービスで流したい」としている。テレホンサービスは0773-22-3346。

週末の舞鶴湾の潮位

【7日】満潮=3時34分(14センチ)16時57分(10センチ)▽干潮=10時39分(マイナス7センチ)22時23分(1センチ)
 【8日】満潮=4時11分(12センチ)17時20分(10センチ)▽干潮=11時3分(マイナス6センチ)23時21分(0センチ)


写真=昨年も渓流釣りのファンが多くのアマゴを釣り上げた 

2015年02月05日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ