WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川河口】29センチのカレイ上がる セイゴ55センチも

由良川河口のカレイとセイゴ
 年明けから大雪になり、京都府北部の釣り場は閑散としている。釣果情報が少ない中、由良川河口でカレイの釣果情報が舞い込んだ。

 カレイは、冬場に釣れる数少ない魚の一つ。産卵のため浅場に寄って来る12月から2月ごろまでが釣りやすい。

 昨年12月下旬に由良川河口に出かけた人が、アオイソメを餌に体長29センチのカレイと55センチのセイゴを上げた。福知山から近い場所としてはここがカレイのポイントになっている。

 カレイの場合、サイズや数は、年ごとに変化し、型がよい年は数が少なく、数釣りできる年は手のひらサイズのものが多いと言われる。

週末と祝日の舞鶴湾の潮位

 【10日】満潮=4時18分(19センチ)18時18分(15センチ)▽干潮=11時38分(マイナス1センチ)23時39分(9センチ)
 【11日】満潮=4時57分(16センチ)18時48分(15センチ)▽干潮=12時5分(1センチ)
 【12日】5時44分(14センチ)19時19分(15センチ)▽干潮=0時43分(8センチ)12時31分(3センチ)

写真=由良川河口で上がったカレイとセイゴ

2015年01月08日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ