WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【宮津・舞鶴】良型のサヨリ回る

0704sayori.jpg
 宮津や舞鶴で良型のサヨリが回って来ている。体長30センチ前後が中心で、釣果にばらつきはあるものの、運よく大きな群れが回れば数にも恵まれそう。

 宮津市海洋つり場によると、6月の釣果は、豆アジを除けばグレに次いで多い。同月上旬から姿を見せ始め、ほぼ毎日釣れている。サイズは時に40センチクラスもいるという。

 6月下旬に取材で舞鶴の白杉を訪れた際も、管理人の男性が「今月は、サンマサイズの良型のサヨリがよく回ってきていた。しかし、最近はあまり回遊して来ない」と話していた。

 サヨリは、春から初夏にかけて産卵期を迎える。海面すれすれや水深50センチ−1メートルくらいを泳ぎ回る。非常に臆病で仕掛けが群れの中に落ちると、すぐに散ってしまう。

 うまく回遊すれば簡単に釣れるが、群れが遠ざかると釣れなくなって数も期待できない。回遊する頻度で釣果は分かれる。

週末の舞鶴湾の潮位
 【5日】干潮=1時7分(23センチ)14時22分(27センチ)▽満潮=7時55分(34センチ)19時24分(32センチ)
 【6日】干潮=1時43分(25センチ)15時39分(25センチ)▽満潮=8時31分(35センチ)21時1分(31センチ)


写真=宮津や舞鶴では良型のサヨリが時折回遊している(資料写真)

2014年07月03日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ