WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川河口】大物のカレイやチヌ ヒラメ、マゴチも上がる

1220turi.jpg
 由良川河口でカレイやチヌ、マゴチが上がっている。いずれも型が良く、カレイは9日に47センチもある超大物が釣れた。
 
 福知山市下荒河の丹後釣具店、谷口正明さんが13日に釣行したところ40センチのカレイと45センチのチヌ、41センチのマゴチが上がったという。
 
 11月21日に竿を出した時には44センチのカレイと50センチのチヌ、また他の釣り人が50センチのマゴチ、30センチのヒラメを釣った。12月9日には47センチもある超大物カレイと40センチクラスのマゴチ3匹を釣り上げた人もいるという。
 
 河口では冬場になるとこうした良型の魚が釣れるチャンスが多くなる。ただ、釣果は天候に大きく左右され、強い風や冷たい雨、時には風雪に悩まされる。天候を見ながら年末年始に出かけてみるのもよい。

週末と休日の舞鶴湾の潮位
 【22日】干潮=4時44分(8センチ)15時20分(14センチ)▽満潮=11時22分(15センチ)21時46分(21センチ)
 【23日】干潮=5時47分(5センチ)16時3分(15センチ)▽満潮=13時20分(16センチ)22時20分(22センチ)
 【24日】干潮=6時33分(3センチ)16時50分(16センチ)▽満潮=14時31分(17センチ)22時56分(23センチ)
 
 
写真=13日に由良河口で上がったカレイ、チヌ、マゴチ

2012年12月20日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ