WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【舞鶴など】大物チヌ期待の季節 釣果ゼロ覚悟で狙う人も

1108tinu.jpg
 立冬を過ぎ、日本海はいよいよ冬の釣りシーズンを迎える。冬場は釣れる魚種が限られ、あまり釣果が期待できないが、チヌ釣りファンには大物狙いのシーズンになる。
 
 チヌは、産卵のために沿岸の浅場にやって来る乗っ込み時期が大物を狙う好機だが、それ以後秋までは、どちらかというと型よりも数狙いの釣り。そして冬場には、数は少ないものの再び大物が狙えるようになる。
 
 舞鶴や宮津の漁港や防波堤では、夏の盛りの炎天下でチヌを狙う人の姿が多く見られるが、冬場になると、その数はめっきり減る。しかし、超大物に期待をかけて竿を出すファンもいる。
 
 これからは釣果ゼロの日も多くなってくるものの、釣れると大きい。体長50センチを超える年無しも。寒いなか、穴場の好ポイントに出かけ、超大物に期待をかける。そんな釣り人の姿を見かけるようになる。先日、宮津湾では良型のチヌが上がったとの情報もあった。
 
週末の舞鶴湾の潮位
 【10日】干潮=5時13分(17センチ)17時15分(17センチ)▽満潮=11時3分(27センチ)23時12分(29センチ)
 【11日】干潮=6時1分(13センチ)18時1分(19センチ)▽満潮=12時14分(28センチ)23時42分(31センチ)
 
 
写真=大物シーズンを迎えるチヌ。宮津湾で先ごろ体長30〜45センチの良型のチヌが上がった

2012年11月08日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ