WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【久美浜沖】白イカが快釣 マダイ70センチのおまけも

1104ika.jpg
 白イカとマダイ狙いで10月28日、久美浜へ出かけた。白イカは4人で200杯を超え、70センチのマダイの引きも味わう満足の釣行となった。
 
 出港は午後2時過ぎ。船は初めて乗る湊宮の「よしだ丸」。沖は大きなうねりがあった。ポイントは水深94メートル。これほど深い場所で釣るのは初めて。船頭によると、この日は朝から潮が動いておらず、沖合に出たとのことだった。
 
 底近くまで仕掛けを下ろしてみても糸は垂直。テンビン仕掛けでは釣りづらい状況だったが、同行者2人の1投目にアマダイ、ウマヅラハギが掛かった。15号の軽い重りで85メートルまでゆっくり下ろして待つ。3投目でアタリが出た。上げてみると30センチ足らずのチダイだった。
 
 しばらく魚信はなかったが、午後4時過ぎ、大きなアタリが出た。竿先がしなり、ずっしりとした重量感が伝わる。リールが逆転する締め込みが何度も続き、水面近くまで強烈な引きを楽しめた。
 
メジャーで測ると70センチのマダイ。しばらく間を置いて同行の2人が、50センチ余りのマダイを1匹ずつ上げたところで、船に明かりを入れイカ釣りに変更した。
1104tai.jpg
 船は移動せず、そのまま仕掛けを換えて投入。1投目から全員にイカが乗ってきた。サイズは15センチ−25センチとバラバラ。時おりスルメイカもまじる。
 
 ポイントは徐々に浅くなり、水深30メートルまで仕掛けを下ろすと、次つぎに掛かって来る。時間が経過するにつれダブル、トリプルもあり、調子よくなった。納竿の午後10時までに白イカだけで50杯近くを釣り、同行の3人を合わせると軽く200杯を超えていた。
 
 この日は、水面近くをアオリイカが泳ぎ回り、エギで狙った船長が30杯ほどを釣り上げ、おすそ分けにあずかるおまけも付いた。(宮)
 
週末の舞鶴湾の潮位
【5日】満潮=10時22分(29センチ)23時20分(29センチ)▽干潮=5時03分(22センチ)17時18分(18センチ)
【6日】11時39分(28センチ)23時37分(29センチ)▽干潮5時51分(19センチ)17時57分(19センチ)
 
 
写真上=釣り始めて1時間ほどのイカの釣果
写真下=久々の引きを味わった70センチのマダイ

2011年11月04日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ