WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川河口】良型のカレイ、数は望めないが楽しみ

1216turi.jpg
 今年も残すところ2週間余り。釣果情報もめっきり少なくなってきた。そんななか、由良川河口で、数は少ないもののカレイが上がっている。
 
 「この時期だから獲物は限られる。おまけに冬場は天候が不順で、出かけたくても出かけられない」とこぼす釣り人が多い。そうした中でのカレイの釣果情報は貴重だ。
 
 福知山市の丹後釣具店経営、谷口正明さんは、9日に由良川河口に釣行し、30センチと35センチのカレイを釣り上げた。この日はチヌを狙っての釣行だったが、チヌは釣れずカレイが上がったという。
 
 谷口さんは、10月下旬にも河口で32センチと34センチのカレイを釣り上げている。一緒に出掛けた仲間の人は50センチのマゴチを釣った。
 
 谷口さんは「チヌはいまいちだが、カレイはその後もポツポツ上がっている。これから本格的なシーズンを迎え、数はそんなに望めないが楽しみ」と話している。

週末の舞鶴湾の潮位

 【18日】干潮=6時32分(3センチ)17時10分(19センチ)▽満潮=14時26分(20センチ)22時57分(27センチ)
 【19日】干潮=7時12分(1センチ)18時0分(20センチ)▽満潮=14時55分(21センチ)23時40分(28センチ)
 
 
写真=由良川河口で上がっているほぼ同サイズのカレイ(資料写真)

2010年12月17日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ