WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川】アユ小さく「網目をすり抜ける」

0827ayu.jpg 盆を過ぎ、由良川のアユ漁が終盤を迎えている。今シーズンは解禁時から小型が目立ったが、その後も成長せず、いまだに小さいアユが多く、関係者を落胆させている。
 
 由良川漁協によると、とくに小さいアユが多いのは本流域。本来なら体長18〜20センチ程度に成長していないといけない時期だが、10センチほどのアユが非常に多い。
 
 この夏は猛暑続きで水位が下がり、網漁はしやすいが、あまりに小さいことから遊漁者が敬遠。時期的には、川のあちこちで釣りや網で漁をする人の姿を見かけるはずだが、人影は少ない。
 
 漁協では「数は例年以上に多い。本来ならそれぞれの縄張りで単独でいたり、よどみで群れていたりする時期だが、いまだに春時期のように小さいまま、ひと固まりで群れている。20センチを超えるものは少なく、小さいため網目をすり抜けてしまう」という。26日に漁協にアユを持ち込んだ人も「小さいので途中であきらめて帰ってきました」と話していた。
 
 アユ漁は9月末までで、10月は産卵期で全面禁漁になる。関係者の話では、今後もアユの成長は期待できず、このまま秋の産卵期を迎えそうだという。


週末の舞鶴湾の潮位
 【28日】満潮=4時0分(41センチ)16時14分(43センチ)▽干潮=10時10分(29センチ)22時37分(30センチ)
 【29日】満潮=4時18分(42センチ)17時1分(42センチ)▽干潮=10時58分(28センチ)22時54分(33センチ)
 
 
写真=由良川漁協に持ち込まれるアユは、この時期になっても小さい(26日写す)

2010年08月27日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ