WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川】アユの数は多いが型は小さい 今後の成長に期待

0623ayu.jpg
 由良川のアユ釣りが解禁になって20日余り。雨季ながら釣行できる日が続き、今のところ型は小さいものの数は多く、今後の成長が期待されている。

 1日の解禁以降、福知山市内記一丁目の由良川漁協(谷垣謙治組合長)には、連日、釣り人が生きたアユを持ち込んでいる。20日現在、約1800匹が入った。

 量はほぼ平年並みだが、型は小さい。成長していない体長12センチ前後のものが目立つ。料理店などに卸すアユは、この時期なら最低15センチは必要で、希望する数を一度にそろえられない日があるという。

 昨シーズンは小ぶりな上に不漁だったが、今年は天然そ上が盛んで、数は例年以上に多い。大きくなっていないのは、春先から寒い日が続き、水温が低かったためとみられる。

 釣り歴50年以上の芦田卓さん(71)=同市中=は、本流でほぼ毎日竿を出す。コロガシ釣りで狙い、多い日は150匹、平均70−80匹は釣り上げる。

 いつも同じポイントに出掛けるという芦田さんは「一度に4匹掛かったこともあって、数はたくさんいる。水温が上がり、水害が出ない程度に水が出て川底をきれいに洗い流せば、餌になる新しい藻が石に付き、それを食んで大きくなるはず。そうなれば楽しみ」と今後に期待する。

 7月1日からは網漁が解禁になり、本格的なアユ漁のシーズンに入る。
 
週末の舞鶴湾の潮位
 【26日】満潮=3時47分(32臓13時7分(42臓泡Υ劃=6時26分(31臓21時14分(10臓
 【27日】満潮=4時16分(32臓13時49分(42臓泡Υ劃=7時0分(31臓21時52分(11臓
 
 
写真=由良川漁協に持ち込まれたアユ。まだ小ぶりのものが多い

2010年06月23日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ