WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【宮津】旬のメバル楽しみ 海洋つり場が4月オープン

0311turi.jpg
 宮津市小田宿野の市海洋つり場が、4月2日から今シーズンの営業を始める。気軽に釣りが楽しめる府北部の人気の釣り場で、本格的な春の訪れとともに多くの釣り人でにぎわいそう。
 
 海洋つり場は、1990年に開設された。毎年4月から11月末まで営業している。海に突き出る形で、長さ70メートルの桟橋、その先に幅5メートル、長さ40メートル四方の釣り桟橋がかかる。
 
 海底にたくさんの自然石を沈めた人工魚礁があり、長い月日を経て天然の魚のすみかになっている。根魚も多く、毎年4月のオープン時は、旬のメバルがたくさん釣れることから、遠く京阪神からもメバル狙いで訪れる人が多い。
 
 昨シーズンも体長10センチから23センチの良型メバルが連日20〜30匹釣れた。ほかに38センチのアイナメ、20センチのガシラが釣れている。15〜20センチのキスもほぼ連日上がった。
 
 利用料は、大人1025円(見学者210円)、小中学生525円(同105円)。車1台につき500円の清掃協力費がいる。営業時間は、午前7時から4月・10月・11月は午後5時まで、5月−9月は午後6時まで。木曜日が定休日。
 
 
週末の舞鶴湾の潮位
 【13日】満潮=0時10分(9センチ)14時10分(5センチ)▽干潮=7時43分(マイナス11センチ)19時12分(同1センチ)
 【14日】満潮=0時58分(9センチ)14時20分(5センチ)▽干潮=8時9分(マイナス11センチ)19時47分(同4センチ)
 
 
写真=毎年多くの釣り人が訪れる宮津市海洋つり場

2010年03月11日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ