WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【由良川】アマゴ釣り16日午前6時解禁 漁協が1万3千匹放流

0315amago.jpg
 渓流釣りファンに待望の春到来。アマゴ釣りが16日午前6時に解禁される。由良川漁協(谷垣謙治組合長)は15日、管内の由良川水系の支流河川にアマゴ260キロ(約1万3000匹)を放流した。
 
 毎年、多くの釣りファンの期待に応え、解禁に合わせてアマゴの成魚を放流している。今年のアマゴは、兵庫県内で育てられた体長16センチから20センチの2年もの。福知山、綾部、舞鶴3市の15河川に運び、それぞれ地元の組合員らの手で、計40カ所のポイントに分け放流された。
 
 放流時は、どの河川も平年並みの水量で、放流したアマゴは流れの中で元気に体をくねらせていた。16日朝にかけては雨の予報だが、アマゴは濁りが入ると、放流ポイントから下流に下るという。
 
 市内の放流は、夜久野町が板生川、畑川▽大江町は宮川、北原川▽三和町が川合川、友渕川、細見川など。旧市内は雲原川、佐々木川となっている。
 
 釣りには遊漁料が必要で、年券5000円、日券1000円。釣具店などで扱っている。
 
 
写真=夜久野町現世の板生川での放流(きょう午前9時)

2010年03月15日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ