WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【久美浜】白イカ 本格シーズンに期待

釣果は…
 今シーズン初の白イカ釣りに7日、久美浜町へ出かけた。7月下旬から舞鶴の冠島周辺で釣れ始めたとの知人らの情報に、そわそわしていたころ、大先輩からお誘いがかかった。
 
 「久美浜でも8月に入ってから釣れ出したと、船長から電話があった。行こか」との誘い。「行きます」と即答。1日ごろから白イカが乗り出し、1人30匹は固いとのこと。久美浜のシーズン初めとしては上々の状況、期待が勝手に膨らんでいく。
 
 船は、6月にマダイ釣りで世話になった同町湊宮の第八雪風丸。出港は午後7時の予定、5時に仕事を切り上げ、車を走らせた。
 
 事前に船長から連絡はあったが、数日前から潮が速くなり、前日の6日は100号のオモリを付けても、仕掛けが飛んでいき、釣りにならない状態だったという。この日は、午後3時ごろに船長がポイントに出かけ、潮を確認しての出港。
 
 「流れは緩やかになっており、どうにか釣りは出来るだろう」との判断だが、海は刻々と状況を変える。さらに緩んでいることを願いポイントへ。
 
 海は波もなく穏やか。午後7時過ぎ、新品の7本仕掛けを手釣りにセット。80号のオモリを付け降ろして見ると、やはり潮は速い。道糸が編み糸になっている分太く、潮の抵抗が大きく45度ぐらいの角度になってしまう。
 
 船長から100号のオモリを借り、再度、投入。角度は80号より少しましになった程度。水深は50メートルほどなので、潮が緩ければ50号までのオモリで済むポイントだ。
 
 抵抗の少ないナイロン系の糸も使おうと、リールを取り出し、竿仕掛けも出した。こちらは80号のオモリで、70度ぐらいの角度で糸が沈んでいった。
 
 手釣り、竿と2本を用意したところで、7時30分を過ぎ、長丁場に備えおにぎりを取り出す。2個目を食べ始めたところで、目の前にある手釣りの糸を掛けている短竿に、微妙なアタリが出る。
 
 100号のオモリなので、竿先は限界近くまで曲がっているが「ひょこ、ひょこひょこ」と小さな変化。おにぎりをくわえたまま、仕掛けを上げていく。オモリの重量とは少し違う感触が手に伝わる。
 
 1本目のイカヅノにイカが乗っている。続いて2本目、また乗っている。3本目は空振り、4本目、5本目にも乗り、最後の7本目には、30造曚匹離マスがイカヅノを丸飲みして上がってくるオマケまで付いた。
 釣り始めて20分。最初のアタリで4匹上がるとは、上々の滑り出し。いずれも胴長15〜20センチと食べごろサイズ。「今夜はいける」と、大先輩、船長の手にも気合が入る。
 
 しかし、後が続かない。記者の手釣りの仕掛けを、イカの小集団がかすめただけだった。その後は、手釣りで誘いをかけるが、1時間でそれぞれがぽつりぽつりと上げる程度。置き竿にしている竿釣り仕掛けも同様だ。
 
 苦労しながら3時間で十数匹上げたところで、納竿とした。3人の合計では50匹ほどの釣果となった。サイズは胴長30センチを超える大物から10詑らずまで、まばらだった。
 
 納竿前の10時半を回ったころから、少しアタリが頻繁になってきたが、これからの本格シーズンに期待し港に引き揚げた。(宮)

2009年08月17日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ