WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【宮津】体長15センチ前後のキスが上がる

谷口さんが上げたキスやマゴチなど
 夏場の釣りとして、浜から投げてのキス釣りがあるが、宮津市の栗田漁港は、漁港ながらそのポイントとしてよく知られている。この時期は、小アジ釣りの人に交じってキス狙いの釣り人をよく見かける。
 
 ここは、夏場に限らずシーズンオフの冬場でもキスがよく上がる。福知山市下荒河の丹後釣具店の谷口正明さんは、これまで何度か冬場に釣行し、今年2月にも親子で体長15〜22センチのキス28匹を上げている。
 
 そして今月25日には息子の裕明さんが釣行。体長15前後のキス20匹を上げたほか、体長25センチのマゴチとイイダコが釣れた。餌はイシゴカイで、午後の3〜4時間でこの釣果だった。
 
 同店によると、季節によって釣れるポイントが違うという。冬場は、防波堤の先端から外海向けに遠投し深場で越冬する良型のキスを狙う。夏場は、防波堤すぐの海洋高校側に向けて投げるとよいようだ。
 
 19日に取材で訪れた際も、親子連れが海洋高校寄りに投げ入れてキスを狙い、多くはなかったが釣果を上げていた。ここでは小アジ釣りに飽きたらイシゴカイでキスを狙うのも楽しい。
 
 
写真=谷口さんが栗田漁港で上げたキスやマゴチなど
 
  

2009年08月27日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ