WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


北近畿の釣り情報

【久美浜】夕刻からマダイが入れ食い

マダイ 今週初め、知人から誘いを受け、京丹後市久美浜沖の船釣りに久しぶりに出かけた。夕刻まで、風と潮の流れが逆で、船が安定しない釣りづらい状態が続き、釣果は今一つ。しかし4時過ぎから風が収まり、55センチを頭に30センチ級のマダイが入れ食い状態となった。
 
 出船は午前8時過ぎ。沖へ出ると波は穏やかで、カモメが水面に群れ飛び騒いでいる。時おりハマチがジャンプするのが見られ、小魚を追っているようだ。
 
 最初のポイントは水深80メートル。やや風は吹いているが、潮の流れもよく見えた。知人が1投目でチダイをヒットさせる。続き2投目で50センチ級のマダイを上げた。
 
 釣り方は、ともに天秤(てんびん)だが、付けているオモリが違う。数回入れても記者には当たりなし。同じオモリに替え、ようやく20センチ級のチダイが掛かり始めた。しかし、潮が徐々に速くなり、ポイント移動することにした。
 
 ここも水深は同じ程度。移動後の1投目で、2人同時にヒット。この日、初の重量感のある手ごたえだ。上げて見ると、2人とも50センチ級のサクラ色のきれいなマダイだった。
 
 時計を見ると、ちょうど正午。「これはいける」との確信もつかの間。その直後から風が強くなり、3時過ぎまで釣りにならない状態に。潮も速く70号のオモリが飛んでいく。仕掛けが底を張ったのか、小さなサメまで掛かった。
 
 ここで、水深60メートル台のポイントへ再び移動。しばらくしてようやく風が収まってきた。潮も幾分緩くなる。何度かオモリを替えながら仕掛けを投入。午後4時を回り、15号のオモリで流すと、ようやくアタリが出た。
 
 30センチ級と小型ながら狙いのマダイだ。その後は、投入のたび50メートルラインで誘いをかけると、竿先がしなる。終わってみれば、55センチを頭に、30−40センチサイズが8投連続のヒットとなった。(宮)
 
 
写真=船長に持ってもらった55センチと50センチのマダイ

2009年06月12日

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ